否定疑問文の考え方

ブログ, 勉強

宿題終わってないですか?

失礼な質問から入ってしまってすみません。小山です。

みなさんは順調に進んでいますか?

今日は「~してない?」のように否定を相手に尋ねる文の作り方を考えてみようと思います。

「あなたはもう宿題をしましたか。」

これを英語にしてみましょう。

 

 

 

正解は

Have you finished your homework yet?
(finishedがdoneでも可)

これは現在中学3年生が勉強している現在完了の疑問文となります。

それでは

「あなたはまだ宿題をしていないですか。」

これはどうやって表すでしょうか。

 

 

 

正解は

Haven’t you finished your homework yet?

さきほどの文とどこが変わったか考えてみましょう。

文頭のHaveがHaven’tになることで「やってない」ということを相手に尋ねる文になります。

コツとしては否定文を作る要領で

Do you ~? ならば Don’t you ~?
Does he ~?  ならば Doesn’t he ~?
Can you ~?  ならば Can’t you ~?

のようにnotをつけたものを文頭に置いて表します。

ここからが重要なのですが、

日本語と英語では答え方に違いが生まれます。

「宿題してない?」の質問に対して日本語では

「いいえ、やりました。」だったり「うん、まだやってない。」と答えますよね。

でも英語では

「No, I have.」「Yes, I haven’t.」とは答えません。というより答えられないんです。

それは英語には

Yesは肯定文、Noは否定文に付くというルールが存在するためです。

ではどうやって答えていくのか・・・

まずは宿題をやったのかやってないのかを考えましょう!

Yes Noを考えるのはその後です!

宿題をやったのであれば

I have (already finished my homework) . となり

文を見てみるとこれは肯定文なので、
日本語に惑わされずに文頭にYesを使うことで

Yes, I have. と答えてあげましょう。

日本語と英語の違いがわかるとより英語を理解しやすくなってきますよ!

 

<問題>英語にしてみましょう。

あなたは英語が好きではないですか? /いいえ、好きです。

 

 

それではまた!