公式は2種類ある。

ブログ, 勉強

ゲーム会社「カプコン」の由来は「カプセルコンピュータ」。カプコンのゲームは楽しみをぎゅっとつめたカプセルのようなもの、という意味合い。

こんにちは、松本です!

今年のMATCHの夏期講習会には高校生もたくさん参加してくださいました!本当にありがとうございます!

高1生では、「三角比」の予習を始める生徒も多く、総じて「公式が多くて大変」という感想が多かったようです。

それもそのはず、実は三角比の公式の多くは「覚える公式」ではなく、「導く公式」なのです。

まず、公式とは一言でいうと「普遍的な(変わることのない)法則」です。

世の中のすべての事象は、必ずこの公式にのっとって起こっています。

複雑な公式もあれば、とても身近な公式もあります。

しかも、公式どうしがお互いに関係性をもっているものも少なくありません。

そういった公式の場合、わざわざ丸暗記しなくても別の公式から簡単に導くことができます。

つまり、1つの公式をしっかり覚えるだけで、他の公式へと応用させることができるというわけです。

高校数学の三角比や三角関数では、たくさんの複雑な公式が出てきます。それらをすべて覚えるにこしたことはありませんが、導ける公式は無理に暗記しなくてもいいというわけです。

高校数学の暗記量に困ったら、まずはそのあたりからもう一度公式を見つめなおしてみてはいかがですか?