センター試験:数学への準備

ブログ, こころがけ, ブログ, 勉強

センター試験の本来の名称は「大学入試センター試験」。これは行政法人である大学入試センターが行う試験だからである。

こんにちは、松本です!

すさまじい寒波の中、今年も大学入試センター試験が各地で実施されました。

高崎や前橋では寒さこそ際立ったものの、雪が降らなくて本当によかったですね。新潟の様子を見ていると気の毒に思えます。

進学校に通う高校生の多くは、学校や新聞でその問題に目を通したことでしょう。

そこで今日は、1年後のセンター試験に向けた「センター試験対策」を少しだけお話します。

センター試験の数学は、「数学Ⅰ・A」と「数学Ⅱ・B」に分かれています。理系の生徒はまず両方受けることになるでしょう。

「数学Ⅰ・A」は高校1年生で習う内容、「数学Ⅱ・B」は高校2年生で習う内容とざっくり分けられます。

つまり、現在の高校1年生でも数学Ⅰ・Aの問題は8割以上は既習内容だということです。

だから、やらないのは本当にもったいないです。今の時代、ネットでいくらでも問題は探せると思いますのでまだの方は、まずはやってみることをお勧めします。

そして、ここからが本題。

センター試験の過去問や類似問題をやるにあたって心がけてほしいことがあります。

①まずは、十分な時間をかけてやってみる。

センター試験の数学は、はっきりいって時間との勝負です。本番に近くなったら60分という制限時間の中で解く練習をたくさん行うことでしょう。

ですがまずは時間を気にせず、満足するまで問題に取り組んでみましょう。そして、すべての大問を解き終わったときの自分のタイムを記録しておきましょう。

最初は90分くらいかかるかもしれません。もしかしたら、わからない問題が多く、60分でも時間が余るかもしれません。

大事なのは今の自分の実力とスピードを把握することです。それを理解した上で次のステップにすすみます。

②得点目標を決める。

志望校が定まっている人は、自身が獲らなければいけない点数の目安がわかっていると思います。

その点数をとるために、どの問題で何点とるかの目安を決めましょう。

③時間配分を決める。

次に時間配分を決めます。問題量からいっても理想は必答問題2つで35分、選択問題2つで25分といったところでしょうか。

この時間配分をベースに、自分の目標点数と得意単元に応じて、時間配分の微調整を行いましょう。

④センター試験本番に向けて、演習を繰り返す。

①~③の準備が終わったら、正答率とスピードを高めるために、問題の演習をたくさんこなしていきましょう。

センター試験の過去問は十何年も前のまで含まれているものもありますが、学習内容に変化も出ていますので、極端に昔の過去問にまで手を出す必要はありません。

高校1・2年生のみなさん、来年・再来年は再び受験です。それに向けた準備をしっかりとおこなっていきましょうね!

全力!

ブログ, 日々の感想

こんにちは、小山です。

今日は共愛高校などの合格発表日です。

そして今週からは私立高校の二次試験が始まります。

滑り止めとして私立高校を受験する方も多いと思いますが、

ここで良いランクの合格を手に入れるということも公立の試験に臨むうえで重要になってきます。

余裕も持てますし、きちんと自分の志望する公立高校を受験することが出来るからです。

私立入試に失敗してしまい滑り止めがない状況となると公立高校を選択する際に

確実に合格できるところという意味で志望校のレベルを下げなくてはいけない場合が出てくるからです。

その場合二次試験の重要性がぐんと上がります。

少ない期間でも出来ることがたくさんあります。

時間を有効活用していきましょう!

センター試験

ブログ, こころがけ

こんにちは!昨日・今日はセンター試験が行われています!!

大学進学をかけた人生でも指折りの大切な日です!

中学生たちも只今志望校にむけて奮闘していますが大学進学をめざす高校生たちもいよいよといったところですね。

試験の敵はやはりなんといっても病気にけが、それから緊張。ナーバスになって自分の実力を発揮しきれないのはとても切ないことです。

プレッシャーに負けないためにはとにかく自信を持つこと!先生が何と言おうが、親が何と言おうが、まわりのだれに何を言われようが、受験に向けてしてきた努力は絶対に正しいことです!!

自分が頑張ってきたことをよく思い出して、とびきりの自信と一緒に、センター試験や、この先に控える中学・高校・大学受験と、それぞれの目標に向けて、力の限り邁進してください!!!

強烈な寒波><

ブログ, 日々の感想

雪が白く見えるのは、中に空気をたくさん含んでいて光が乱反射するため。かき氷が白く見えるのに、普通の氷が透明なのと同じ理屈である。

こんにちは、松本です!

全国を強烈な寒波が襲っていますね。センター試験会場に向かう人々の足は大丈夫か不安です。

新潟や富山の雪の様子を見ていると、4年前の群馬の大雪を思い出します。

わたしはあのとき職場から家に帰る途中だったのですが、すでに深夜0時をまわっていて、路面がガチガチのツルツルで、死ぬ思いでラーメン屋さんの駐車場へ避難しました。

そのまま、丸1日半そこから動くことができず、2日後の夕方になんとか帰宅するできました。

今回は幸いにも群馬の平野部では大きな被害は出ていませんが、強烈に寒いことだけは間違いありません。

インフルエンザも小学校よりはむしろ高校で流行り出しているようです。

受験生のみなさん、体調管理に気を付けて、残り2か月をしっかりと乗り切っていきましょう!

スリッパについてのお願い

ブログ, 教室風景, ブログ, 超数学館MATCH

スリッパの由来は「滑る」の「slip」が変形して「slipper」になったもの。滑るように履けるものという意味。

こんにちは、松本です!

超数学館MATCHでは、通塾されているすべての生徒さんへ「スリッパ」の持参をお願いしております。

それは衛生面の観点からであり、また、塾へ向かう時の準備をしっかりしてもらうという観点からでもあります。

もちろん忘れてしまった場合は、来賓用のスリッパを貸し出しております。

ところが最近、スリッパは忘れても借りられるから別に大丈夫、と毎回のように忘れてしまう生徒さんが多くなってまいりました。

その結果、体験授業を受けに来た生徒さんとその保護者様にお出しするスリッパが、足りなくなる騒ぎがありました。

そこで、あらためてみなさまにお願いがあります。

MATCHに通う生徒さんは、教室に来る際は必ずマイスリッパをご持参ください!

持ち運びにはMATCHのシューズバッグがおすすめです!

私立高校合格発表スタート!

ブログ, 地域のイベント, ブログ, 日々の感想

鏡開きの「開く」は、「割る」の忌み詞(ことば)。忌み詞とは縁起をかつぐために、避けられている言葉の代用として使う言葉。

こんにちは、松本です!

今日は1月6日に行われた東京農業大学第二高等学校、通称「農二」の合格発表日です。

この高校を第一志望校としている生徒さんもいるため、講師・スタッフ一同朝からドキドキしております。

今日の発表を皮切りに、金曜日、翌月曜日にもたくさんの高校の発表が控えています。

人事を尽くして天命を待つ、この言葉の通り、受験に向けて精一杯努力してきた人は、自信を持って合否結果を受け取ってください。

いやぁ、みんなの電話が待ち遠しい!

次への準備が超重要!

ブログ, こころがけ

こんにちは、小山です。

最初の私立の入試結果が明日以降に発表されます。

ここで受験が終わってしまう人もいれば、次に向けて頑張る人もいます。

どちらにも言えることは気持ちをきちんと切り替えて前を向いて進めるかどうかです。

特に受験が終わる生徒はここから高校の予習をしておくかどうかで

その後の勉強が大きく変わってきます。

高校数学の特徴は何より進度が速いことです。

ぼーっとしていたり学校を1日休んだだけで何をやっているのか全然わからなくなってしまったりします。

それだけ日々の予習復習と体調管理が大事になってきます。

早めに準備をしておくことで余裕をもってスタートできるようにしましょう!

頑張るということ

ブログ, 日々の感想

日本人は様々な人種の中でも「人を頼るのが苦手な人種」である。その結果、「頑張り屋さん」と思われてしまう。

こんにちは、松本です!

昨日は午後にみぞれが降り、気温もとても低くなりました。教室の暖房も少しだけ設定温度を上げました。

私立の入試およびその合否の発表が毎週のようにおこなわれる1月、勉強を頑張ることはもちろん大丈夫ですが、体調管理には本当に気を付けたいものです。

今日はそんな「頑張る」というテーマでお話したいと思います。

「頑張る」という表現は、実はあいまいで明確な定義がありません。ですから同じ「頑張る」でも、個人差が大きいはずです。

私は、「自身を最高のコンディションに導ける状態にする」ことが、「頑張る」ことだと考えています。

勉強に集中するあまり、睡眠時間の確保や室温の調節などがおろそかになってしまったら、それは「頑張りすぎ」だということです。

また、数学を頑張ったから英語ができなくてもしょうがない、というのも私の中の「頑張る」とは違います。

もしこれが数学を頑張ったとすると、英語は頑張っていないことになり、トータルで考えて「いつも通り」となってしまうからです。

今日も朝から風の強い日ですが、負けずに頑張って元気にいきましょう!

私立入試が始まりましたね!

ブログ, 日々の感想

試験会場の下見は、当時のストレスや不安を和らげる効果がある。

こんにちは、松本です!

1月6日から、ついに私立高校の入試がスタートいたしました!

特に1月6日~8日までのこの3日間は各学校の入試が集中しており、ほとんどの受験生がついに受験本番の扉を開いたのではないでしょうか。

実際に受験を終えた生徒さんからも、いろいろと感想を聞いております。

そして今週の木曜と金曜で、多くの私立高校において合格者発表がおこなわれます。

こうなるとあとは怒涛のように3か月は過ぎていきます。

今まで積み重ねてきた自分の力を信じて、一生懸命頑張ってきてください!そして、見事合格を勝ち取りましょう!

If someone will be a hero, everyone can be a hero!

おみくじ

ブログ, 日々の感想

こんにちは、阿部です。

 

皆さん、初詣に行った時におみくじを引きましたか?

 

私は3年ぶりに大吉を引きました。その時に大吉が出る確率ってどのくらいなのか?と疑問に思い調べてみました。

 

調べていくと、おみくじにおいて大吉~大凶の間の種類は神社によって異なり、その割合は各神社で決めて良いとのことで正確な確率は分からないようです。

 

これでは面白くないのでさらに調べていくと「大吉、中吉、小吉、吉、末吉、凶」の6種類で、最も平均的な割合を計算した人がいたので参考として紹介します。

 

大吉 28% 中吉 15% 小吉 14% 吉 17% 末吉 20% 凶 6%

という確率だそうです。

 

皆さんどうでしたか?予想通りでしたか?それとも予想外でしたか?

 

私は大吉が一番出る確率が高いことに驚きました。

このことを知って引くのと知らないで引くのとでは面白さも違ってきますね。