本気で合格したいなら

ブログ, こころがけ, ブログ, 勉強

公立後期試験に本気で合格したいのなら、残りの2週間

①規則正しい生活を心がけろ!

入試当日を想定して、決まった時間に起きて決まった時間に寝るようにするべし。

②グチをこぼすな!

ねみー、だりー、つかれたー、わかんねー。言っても何にも変わらない。眠いなら寝ろ!疲れたなら休め!わかんないのなら調べろ!

口に出す必要はまったくなし!

③ゲームなんかしてるんじゃない!

息抜きにゲームをする時期ではもうないことに気付くんだ。息抜きのゲームのために勉強するような馬鹿らしいサイクルから抜け出せ!

④そして、いっぱい勉強しろ!

机に向かうことは当たり前。何をするか帰宅する前に考えておくこと。思い付きでやることを決める人の勉強は長続きしない。やることを決めたら、集中してひたすら勉強するんだ。今さぼったら、一生後悔する。

公立受験まであと14日。

松本でした。

金銀フィニッシュ!

ブログ, こころがけ

こんにちは、小山です。

連日オリンピックのニュースが流れていますが、

昨日はフィギュアスケート男子のフリープログラムがありました。

結果は見事羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルでした!

残念ながらリアルタイムで見ることはできませんでしたが

ニュースで結果を知り日本初の金メダルに喜んでいます。

技術的な凄さももちろんあったのでしょうが

それよりも印象的だったのは

プレッシャーの中で力を発揮することができる精神力です。

それは今までに積み重ねてきた努力があるからこそだと思います。

 

公立後期試験まであと2週間ほどとなりました。

本番での自信はここからラストスパートにかかっていますよ!

悔いの無いよう頑張りましょう!

前期発表

ブログ, こころがけ

こんにちは!

今日は公立前期試験の発表日!もうすでに発表はされていますが受験生本人はまだ学校で授業中なのでまだドキドキしていることでしょう。

先日ブログにも書いた通り、前期試験は受かったら儲けもの、後期試験の練習のつもりで受けましょう、です。

例え落ちてしまったとしても落胆することはありません。そのために私立校も受験しましたし、前期の結果が出るまでにも後期試験に向けて頑張ってきたわけですしね。

残り20日あまりの受験生活、最後の詰めをしっかりこなしましょう。

客観的にみること

ブログ, こころがけ

自分で自分をくすぐってもまったくくすぐったくないのは、自分の指の動きなどを自然と予測できているため。他人がくすぐる場合は、くすぐること自体がわかっていても指の細かい動きなどは予測不能なので、くすぐったく感じる。

こんにちは、松本です!

明日は前期試験の発表日ですね。Webでは10時発表ですが、学校に行っている人は授業終了後に結果が伝えられます。

もともとが合格できたら儲けもの、つまり不合格で落ち込む試験ではないのですが、それでもここのところ受験生からは特有の緊張感を感じています。

そして、先輩は大変だなぁと思っている2年生のみなさん、1年後は紛れもなくあななたちの番です。

これからの1年の間には、想像以上にたくさんのテストを受けることになります。

その1つ1つのテストの結果をどのように活用していくかは、これからしっかりと学んでいってください。

今日はその初めの一歩として、「絶対にしてほしくないこと」を1つ紹介します。

それは、「過去の自分を他人視すること」です。

採点されて結果が出たテストを見て、「なんでこんなミスしてたんだろう、いつもならできてるのに」って思ったことありませんか?

そこから次回出題されたときにはできるように覚えるぞ!って奮起するのは非常によいことです。ぜひ続けてください。

ですが、「テストのときの自分はいったい何やってたんだろう、本当の自分はこんなはずじゃないのに」って思った人は要注意です。

なぜなら、間違いなくそれが「本当のあなた」なのですから。

そこをまず直すようにしないと、決して前には進めないのです。

3月には1・2年生対象の統一テストがあります。

ぜひ、そこからこの「初めの一歩」をスタートしてみてください。

面接は自己紹介の場ではない!

ブログ, こころがけ

こんにちは、小山です。

タイトルの通り今日は面接についてお話をします。

前期試験が終わり、後期試験に向けての追い込みの時期になっていますが

高校側はなぜ面接を行うのかをきちんと知っておきましょう。

まず、面接とは自己紹介をする場ではありません。

100名の合格者に対して受験者が200名いたとき

合格するのは2人に1人ですが、

高校が知りたいのは、

「どの生徒を合格させたら高校側にメリットがあるか」

なのです。

 

①学力があり、有名大学への進学が期待できる生徒

②スポーツの能力に優れていて高校の知名度を上げることができる生徒

③独創的な発想で新分野の開拓が期待できる生徒

 

品行方正であることや、文武両道の精神があることなどを見つつ

①、②、③にあてはまりそうな生徒を探しています。

 

つまり、皆さんが面接ですべきことは

私はこういう性格です。ということをアピールするのではなく、

私を合格させたらこんないいことが高校にとってありますよ。

私はこんなスポーツをやっていて凄い結果を残せているから高校でもいい結果を残せますよ。

他の人より私を合格させたほうがあなたたち(高校)にとって得ですよ。

と試験官に「思い込ませる」ことなのです。

その裏付けとしてきちんと試験でいい結果を残すことが必要になってくるのです。

 

考え方次第で面接は武器になります。

残り1ヶ月!悔いのないようにしていきましょう!

いよいよ明日!

ブログ, こころがけ

こんにちは!

いよいよ明日から公立前期試験ですね!みんな準備は万端ですか?

今日一日でできることは限られていますから、明日の試験に向けての確認作業や実力を発揮できるように体を休めることも大事です。

 

去年のこの時期に同じような事を記した覚えがありますが、いざ本番となったら開き直ってしまうことも大事です。

明日は後期の練習のつもりと思って少し肩の力を抜いて試験を受けましょう!

降雪

ブログ, こころがけ

こんにちは!

降りましたね~。雪。大人になってからは積もらないでほしいと思うようになりましたね。

雪といえば、童謡がありますよね。つい最近まで「雪やこんこん」だと思っていたのですが、正しくは「雪やこんこ(雪よもっと降れ)」なのだそうです。

もっと降れと思っていた子供のころが懐かしいです。

さて、この時期に雪が降ると心配になるのがやはり受験日のことですね。(前回の降雪のときにもお話したかもしれませんが^^;)

とにかく受験のときには遅刻しないように早めに家を出るようにしなければならないのですが、雪が降るとなると余計です。ギリギリになると事故を起こしたりしかねませんし。

そしてなにより雪が降る=猛烈に寒いということですから、体調管理も気を付けなければなりません。

勉強以外でも何かと大変な受験生ですが、あと一か月と少しですから気を抜かずに頑張りましょう!!

如月

ブログ, こころがけ

こんにちは!タイトルの如月(きさらぎ)読めたかな?

 

本日は1月30日!

早いものでバタバタと忙しかった1月も終わりを迎えようとしています。

明後日からは2月、如月の月が始まります。

寒さに耐えかねて、着ているものの上から更に重ね着せずにいられない「着更着(きさらぎ)」から由来しているという話が有力なんだとか。

公立校を受験する中学生にとっては2月からが本番というところ。

「着更着」で寒さや風邪に負けずに、元気に受験を乗り切ろう!

公立前期試験まであと10日!

ブログ, こころがけ

こんにちは、小山です。

公立の前期試験まであと10日、そして後期試験まであと40日を切りました。

みな段々と本番に向けて緊張感が高まってきていると思います。

生徒からちらほら聞こえるのが

前期試験の勉強は何をしたらよいかわからない

ということです。

そのためMATCHでは2月3日に前期試験受験生対象の

前期試験特訓講座を行います。

前期試験の問題形式を分析し対策を行うとともに、

直前で確認しておくべきものの最終確認を行います!

事前に連絡をもらえればMATCHに通っていない生徒さんの参加も可能です!

ラストスパートに向けて気合をいれて頑張りましょう!

公立前期試験に向けて

ブログ, こころがけ, ブログ, 勉強

虹とは太陽の光が、雨の水滴の中で屈折して七色に分かれたもの。

こんにちは、松本です!

私立入試で忙しかった1月も残すところあと1週間となりました。

2月は一部の私立入試と公立高校の前期試験が控えています。

前期試験は「総合問題」や「学力検査」及び、「作文・小論文」や「面接」がおこなわれます。

学校によって試験の内容が異なるため、しっかりと事前の準備が必要になります。

そして何よりも受験生に知っておいてほしいことがあります。

それは、前期試験は「合格したら儲けもの」ぐらいの気持ちで臨んでほしいということです。

前期試験は倍率も高く、調査書の影響が多く出ます。本番の成果だけではないということです。

受験生のみなさんが学校や塾で受けてきた多くの模試も、全ては後期試験を想定してあります。

あくまで目標は後期試験での合格! でも、前期試験でも全力を尽くしてしっかり頑張ってほしい!

とはいえ不合格だった時に、重く受け止めすぎてほしくない!

というのが、私たちの本音なのです。

前期試験まではあと2週間です。しっかりと対策を立てて準備していきましょう!