中3生にタイムリー!衆議院議員選挙!

ブログ, 日々の感想, ブログ, 時事ネタ

総選挙という言葉は衆議院選挙でしか使われない。

こんにちは、松本です!

10月22日、衆議院議員を選出する総選挙が行われます。北朝鮮の脅威、消費税10%の賛否が問われている中で、けしてよいタイミングでの解散とは言えなかったと思います。

しかし、受験生にとってはめったにないチャンス到来です!

公民の授業で習う「選挙」の仕組みを、タイムリーに経験することができるのですから。

投票日は日曜日なので、予定が入ってない人はぜひともお家の人と一緒に、投票に足を運びましょう!

百聞は一見に如かずです。

そして、この絶好の機会を逃さずにニュースや新聞に意識的に目を向けるようにしましょう!

メキシコでの地震から学ばなくてはいけない

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

本日の午前3時ごろメキシコ中部でマグニチュード7.1の地震が発生しました。

東日本大震災の時のマグニチュードが9.0なのでそれよりも二回りほど規模は小さいものですが

メキシコの下に沈み込んでいるプレートのひずみによって生じた内陸型地震で

都市のすぐ真下で起きたため甚大な被害が出ています。

これはプレートが複雑になっている日本でも起きうる地震で、

東京などの大都市で起きた場合にどう対応するかが大切になってきます。

何かあってから準備を始めるのでは間に合いません。

今は北朝鮮のミサイル問題や異常気象による被害、台風など

様々な場合を想定していかなければなりません。

MATCHでも非常用の飲料水や救急セットなどを準備してあります。

「何かあってから」ではなく、「何かがあるかも」と考えて行動しましょう。

 

北朝鮮からのミサイル

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

今朝7時ごろJアラートがなり、北朝鮮からミサイルが発射されたことがわかりました。

しばらくして、北海道上空を通過したという通知がきました。

度重なる挑発行為に憤りを隠せませんが、

問題を解決する方法はあるのでしょうか。

日本やアメリカが何かしたところで結局のところ変わらないでしょう、、、

最終的に必要なのは中国からの圧力であることは間違いありません。

そして、中国が北朝鮮に対し本気で圧力をかけることは今のところありえません。

なぜなら、北朝鮮の体制が崩壊したことで一番困るのは中国だからです。

中国とアメリカそしてロシアがいかに協力できるかが今後のカギを握っています。

「優性」「劣性」がなくなる?

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

中学3年生の理科の単元で遺伝というものがあります。

その中ではメンデルのエンドウマメの実験が紹介されていて

しわのある豆と丸い豆の二種類で形質が遺伝していくしくみを学びます。

ここでしわと丸の形質は同時には現れない対立形質で

現れやすいものを「優性の形質」

そうでないものを「劣性の形質」

と呼んでいました。

ただ、優れている、劣っているという語感があり、誤解されやすいということで

「優性」を「顕性」

「劣性」を「潜性」

と言い換えることを協議しているようです。

数年後には理科の教科書が変わっているかもしれませんね。

第26回 高崎東高校吹奏楽部定期演奏会

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

本日、高崎市文化会館大ホールにて

高崎東高校吹奏楽部の定期演奏会が行われます。

MATCHの生徒さんが演奏するということなので

是非とも見に行きたい!!

開演時間はえーっと・・・

17時開場 17時30分開演

・・・・・・・・・

17時開場 17時30分開演

・・・・・・

17時開場 17時30分開演

・・・

はい、授業でした・・・

 

ということで、お時間ある方は是非とも足を運んでみてください!

 

夏休み争論

ブログ, 時事ネタ

夏休みの正式名称は「夏季長期学校休業期間」。公立の学校におけるその期間の長さは、小中学校は各市町村教育委員会、高校は各都道府県教育委員会が決めている。

こんにちは、松本です!

みなさんは地域によって夏休みの長さがちがうということをご存知ですか?

京目教室は高崎市の中でも前橋市と隣接している地域のため、前橋の学校に通う生徒さんと高崎の学校に通う生徒さんの両方が通塾しています。

夏休みの終盤になると必ずある話題が持ち上がります。それは・・・

「前橋は高崎よりも夏休みが短くて損してる説」です!

高崎市の小中学校は、昔ながらのイメージ通り8月31日までが夏休みです。ところが、前橋市は8月27日までが夏休みで、28日からは学校が始まります。4日ほど短いのです。

夏休みの長さはそれぞれの地域の教育委員会が決めています。夏がそこまで暑くはならない北海道では、夏休みが他の地域よりも短めで、冬休みが長めになっています。

その夏休みの期間ですが、静岡県の吉田町の4つの小学校では、来年はたった「16日」になってしまうそうです。

それにより、平日の授業時間を少なくし、平日の教職員の負担軽減が目的のようです。

高崎・前橋のように数日の差でもうらやましく感じるのに、20日以上も日数が短縮されたらさすがにショックを受ける子も多いのではないかと心配してしまいます。

ありがたいことに群馬県では夏休みが約40日あります。

1学期の復習をしっかりとして、万全の2学期を迎えるようにしましょう!

時事問題に強くなろう②

ブログ, 時事ネタ

国の長の呼称はいろいろある。総理大臣、大統領、総書記、国家主席など。同じ言葉でも国によって意味は異なる。

こんにちは、松本です!

ここ1週間のうちに2つの国で大統領選が行われ、新しい大統領が決まりました。

その2つの国とはもちろん、フランスと韓国です。

フランスではオランド前大統領が5年の任期を終えることによる選挙でした。

オランド前大統領就任まえのサルコジ前大統領のほうがいろいろ記憶に残っているかもしれませんね。

オランド前大統領が在職中にあった出来事といえば、2015年のパリ同時多発テロが思い浮かびます。

そのときに一時的に支持率を上げましたが、優柔不断なところが嫌われてしまい、最終的な支持率は1桁まで落ちてしまいました。

一方の韓国の選挙は任期を終えた選挙ではなく、まさしく人気を終えた選挙でした。まつっちです!

パク・クネ前大統領は一連の事件から、辞任どころか弾劾にまで発展してしまったことは有名ですね。

親しい友人であるチェ・スンシル氏による職権乱用および国家機密漏洩など、国家を揺るがす大事件が次々と起きてしまい、結果としてパク・クネ前大統領は「操り人形」と揶揄されるまでになってしまいました。

様々な経緯を経て両国とも選挙が行われたわけですが、どちらも次期大統領が決まりました!

時期フランス大統領は、エマニュエル・マクロン氏。なんと驚きの39歳です!

そして時期韓国大統領は、

文在寅(ムン・ジェイン)氏。

時事問題が大好きな社会の先生は、必ず出題してきます!定期テストに向けて、しっかり覚えておきましょう!

エイプリルフールの面白い企画たち

ブログ, 時事ネタ

宝くじが当たりました!

こんにちは、小山です。

しょうもない嘘ならついても大丈夫!

ということで今日は4月1日、エイプリルフールです。

一年で今日だけは嘘をついていい日だといわれています。
(午前中だけという説もありますが)

大変な嘘をついて周りを困らせてしまうのはどうかと思いますが、

世の中には今日のために面白いことを考えている人たちがいます。

そのなかから面白いと思ったものをいくつかご紹介します。
画像をクリックするとリンク先に飛ぶのでご注意ください。

 

鯵 布羅衣(あじ ふらい)くんのドキュメンタリーです。
思わず笑ってしまいますね。

 

スバルのアイサイトのビジネスバージョンでしょうか、
これをつけている人と話したくはないですよね笑

 

アニメおそ松さんが実写ドラマ化!?
キャストは実際にその目で確かめて見よう。

 

注文しようとすると!?

 

どうでしょう。

他にもたくさんの面白い企画があります。

お気に入りの嘘企画を見つけてみてくださいね^^

 

高崎高校吹奏楽部 第58回定期演奏会

ブログ, 時事ネタ

こんにちは!飛田です。

だんだんと暖かい日差しが増えて春らしい陽気になってきましたね。

ついついあくびの出るような、そんな季節を迎えようとしています。

そのような中でもMATCHは講師も生徒も元気いっぱいで春期講習会に励んでいます!

 

そんなわけで、たいへんな盛り上がりを見せている春期講習会開講中のMATCHから、お知らせがあります!

明日、3/28(日)高崎市高松町の群馬音楽センターにてタイトルのとおり、高崎高校吹奏楽部による定期演奏会が17:30開場、18:00開演にて開催されます。

 

松本先生が高高の卒業生というご縁もあり、MATCHも協賛企業として微力ではありますがご協力させていただいております!

普段、音楽にあまり馴染みのない方も青春の風を感じられるような、さわやかな演奏に触れてみてはいかがですか?

群馬音楽センター

高崎市高松町28-2

3.11 震災から6年

ブログ, 時事ネタ

東日本大震災から今日で6年が経ちました。

当時仕事中だった私は何が起きたか一瞬わからず、

建物の揺れに恐怖を覚え外へと出ました。

駐車場に止まっていた車や電信柱が
見たこともない揺れ方をしていたのを今でも覚えています。

午後2時46分でした。

その後続々と情報が出てくるにつれ

地震の規模や被害状況などが明らかになってきました。

今でもニュースで報じられているような津波の映像や
福島第一原発の事故状況なども報じられ、恐怖を覚えました。

15894人の方が亡くなる未曾有の出来事でした。

物資の不足は群馬でも当然のように起こりました。

ガソリンスタンドに長蛇の列ができ、コンビニの棚から品物が消え、

最終的には電気が使えなくなりました。

今でこそ不自由なく電気は使えていますが、

無くなってはじめて大切さや貴重なものだとわかりました。

あれから6年

今では震災を体験したことのない子どもたちも沢山います。

決して風化させてはいけない出来事です。

そして二度と繰り返したくはない出来事でもあります。

真実をしっかりと後世に伝えていくこと

そして必ず来る次の天災へと備えることが私たちのすべき義務です。