OARってどこの国?

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

テレビをつけるとほぼオリンピック一色になっていますね。

日本と韓国では時差がほとんどないので、

2年前のリオ五輪の時のように深夜遅くに競技を行うことはいので睡眠不足にならなくてすみますね。

沢山の選手が頑張っていますが

女子フィギュアの現世界女王のメドベージェワ選手に見慣れない文字が、

(OAR)という国で、国旗をみたらオリンピックのシンボル・・・

いったいどこの国の代表なんだろう。

たしかメドベージェワ選手はロシアの代表だった気がするけれど

ということで調べてみると、

これは「Olympic Athelete from Russia (オリンピック・アスリート・フロム・ロシア)」

の頭文字をとったもので、ロシアからの選手団という意味でした。

ロシアは国家ぐるみでのドーピング問題から今回オリンピックは出場禁止となっています。

そのため選手たちは個人でオリンピックに参加しているんです。

ただ、ロシアの代表と名乗るわけにはいきませんから国旗の掲揚も国家の斉唱もしてはいけません。

そのためOARというものを使っているんですね。

ドーピングというのは重大な違反です。

選手たちが誇りを持ってたたかえるようにしてほしいですね。

平昌オリンピック開幕!

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

ついに始まりましたね平昌オリンピック!

初めは平昌がピョンチャンと読めませんでしたが連日のニュースで流石に覚えました。

開会式を前にフィギュアスケートの団体戦などはすでに競技が始まっていますが

宇野選手はミスはあったものの完成度の高い演技で1位となっているので

是非金メダルに期待をしたいところです。

怪我で心配されている羽生選手は団体には出ませんが、個人戦で活躍してくれることを期待しましょう!

 

開会式では会場の気温が-7℃だったにもかかわらずトンガの選手が上半身裸で入場したりと

大きな盛り上がりを見せていましたが、

気になったのは韓国と北朝鮮が統一旗を持ち同時に入場したことです。

2国間の融和ムードをアピールしているのだと思われますが、

日本やアメリカとしては韓国にも同調してもらい北朝鮮への圧力を強めたいところでもあるので

水を差された形になりますよね。

オリンピックはスポーツの祭典ですが、もちろん裏では国と国の国力のぶつけ合いでもあります。

オリンピック成功のために今だけ協調をアピールしているのか

それとも韓国と北朝鮮は今後対話を深めていくのか

どちらにせよ注目していく必要がありそうです!

ABC予想の「証明」!?

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

今日は超「数学」館MATCHの名の通り、数学の話題について触れてみようと思います。

数学の世界にはたくさんの未解決の問題があります。

後世に名を残すような数学者たちが

「こうなんじゃないの?」という予想をたて

皆が

「そうかもしれないけど証明できない><」

となっているものです。

数学者というと普段の自分たちとは無縁の存在に思えるかもしれませんが

ニュートン、ピタゴラス、アルキメデス、パスカル、フィボナッチ、フェルマー、ガウス、オイラー

など耳にしたことがある名前も中にはあるのではないでしょうか。

ニュートンがリンゴが木から落ちるのを見て重力の発想を得たという逸話などは有名ですよね。

理科の力や仕事の単元では単位として名前も残っています。

そんな数学の世界に魅了された人たちを悩ませ続けている問題の1つが

「ABC予想」です。


a + b = c

を満たす、互いに素な自然数の組 (a, b, c) に対し、
abc の互いに異なる素因数の積を d と表す。

このとき、任意の ε > 0 に対して、

c > d1+ε

を満たす組 (a, b, c) は高々有限個しか存在しないであろうか?


難しそうですね。

実際誰もこの問いかけに答えることができませんでした。

しかし、今から5年前に日本の数学者の望月新一教授がこの証明を論文としてまとめました。

これが証明されればものすごい快挙で、数学界のノーベル賞といわれるフィールズ賞を獲得するのも確実だろうと言われています。

もちろん論文が正しければです。

なぜこの話題を今回出したかというと。

5年間いろいろな数学者がこの論文を考査してなんと正式に認められることになったからなのです!

早ければ来年の1月に正式に論文として発表されるとのことですが、

その際は日本でも話題になるでしょう。

超数学館MATCHとして、
これが多くの人に数学に関心を持ってもらう良いきっかけになってほしいですね!

干支の漢字クイズ!

ブログ, 日々の感想, ブログ, 時事ネタ

犬も実は猫舌。野生の動物も総じて猫舌。

こんにちは、松本です!

今日は12月15日、あと16日で2017年も終わりです。

来年は戌(いぬ)年です。見てもらってわかるように普段用いる「犬」とは異なる漢字を使います。

では、突然ですがみなさんに質問です!

十二支を表す漢字、12個すべて書くことができますか??

答えは6行後!

6、はい答え合わせです!

ねずみ 「鼠」⇒「子」ね

うし  「牛」⇒「丑」うし

とら  「虎」⇒「寅」とら

うさぎ 「兎」⇒「卯」う

りゅう 「竜」⇒「辰」たつ

へび  「蛇」⇒「巳」み

うま  「馬」⇒「午」うま

ひつじ 「羊」⇒「未」ひつじ

さる  「猿」⇒「申」さる

とり  「鶏」⇒「酉」とり

いぬ  「犬」⇒「戌」いぬ

いのしし「猪」⇒「亥」い

いくつ、できましたか? 十二支の漢字はもともとは農業暦というもので使われていた漢字だそうです。

植物が成長していくさまを12段階にわけ、それぞれに漢字をあてはめているもので、動物の意味はまったくなかったそうです。

ぜひ、お友達にも出題してみよう!

天皇陛下退位

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

今日の午前の閣議で天皇陛下が2019年4月30日に退位し、

翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位するという退位特例法の意見がまとめられました。

それによって再来年には「平成」ではない新しい年号に変わるとみられます。

どんな年号に変わるのかも気になりますが、誰が発表するかも気になるところです。

「平成」という元号を後に内閣総理大臣になる小渕恵三氏が発表したのは有名ですよね。

この方は群馬出身の方ですね。

このころ官房長官だったので再来年に発表するのは菅官房長官でしょうか。

小渕さんが「平成おじさん」として親しまれたように新しい愛称が生まれそうですね。

日馬富士引退

ブログ, 時事ネタ

角界の「かわいがり」には2つの意味がある。①見込みのある後輩力士が強くなれるように、厳しく指導すること。②生活態度がよくない後輩力士に痛い目を見させること。

こんにちは、松本です!

今日は朝から、横綱日馬富士の引退がトップニュースとして報道されていました。

カラオケのリモコンや灰皿、ビール瓶などを使って、貴ノ岩関へ暴行をおこなったとして、九州場所中もずっと世間を騒がせていました。

推測、第三者からの情報提供など、当事者からのはっきりとしたコメントがないまま千秋楽をむかえ、そして急転直下の引退劇。

当然の結末という意見も多いですが、度合いはちがえどこの「かわいがり」の風習は昔からあったものですよね。

自身が若手の頃にされていたことを、ゆくゆくは自分が若手にしていくようになる。

それが当たり前の世界だったのではないでしょうか。

今回、ニュースで公表されいていた怪我の写真もとても痛々しいものでした。

どんないきさつがあったにせよ、やりすぎているとしか思えませんでした。

受験前の時事問題として、大きな出来事があったので今日はそれを紹介させていただきました。

最速の受験日まであと38日。気を引き締めて頑張ろう!

衆議院選挙

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

安倍晋三政権の継続の是非を最大の争点として、

「自民党・公明党」

「希望の党・日本維新の会」

「立憲民主党・共産党・社民党」

今回衆院選はこの3極を軸に争われる構図となりました。

基本政策などの違いが鮮明になることで票の行方が気になるところです。

台風の影響もあり荒れた天気になりましたが、

選挙も同じく荒れた結果になるかもしれませんね、、、

受験生は時事問題として今回の選挙戦をきちんと自分のこととして捉え分析をしてみるようにしましょう!

面接で聞かれても困らないようにしましょうね。

中3生にタイムリー!衆議院議員選挙!

ブログ, 日々の感想, ブログ, 時事ネタ

総選挙という言葉は衆議院選挙でしか使われない。

こんにちは、松本です!

10月22日、衆議院議員を選出する総選挙が行われます。北朝鮮の脅威、消費税10%の賛否が問われている中で、けしてよいタイミングでの解散とは言えなかったと思います。

しかし、受験生にとってはめったにないチャンス到来です!

公民の授業で習う「選挙」の仕組みを、タイムリーに経験することができるのですから。

投票日は日曜日なので、予定が入ってない人はぜひともお家の人と一緒に、投票に足を運びましょう!

百聞は一見に如かずです。

そして、この絶好の機会を逃さずにニュースや新聞に意識的に目を向けるようにしましょう!

メキシコでの地震から学ばなくてはいけない

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

本日の午前3時ごろメキシコ中部でマグニチュード7.1の地震が発生しました。

東日本大震災の時のマグニチュードが9.0なのでそれよりも二回りほど規模は小さいものですが

メキシコの下に沈み込んでいるプレートのひずみによって生じた内陸型地震で

都市のすぐ真下で起きたため甚大な被害が出ています。

これはプレートが複雑になっている日本でも起きうる地震で、

東京などの大都市で起きた場合にどう対応するかが大切になってきます。

何かあってから準備を始めるのでは間に合いません。

今は北朝鮮のミサイル問題や異常気象による被害、台風など

様々な場合を想定していかなければなりません。

MATCHでも非常用の飲料水や救急セットなどを準備してあります。

「何かあってから」ではなく、「何かがあるかも」と考えて行動しましょう。

 

北朝鮮からのミサイル

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

今朝7時ごろJアラートがなり、北朝鮮からミサイルが発射されたことがわかりました。

しばらくして、北海道上空を通過したという通知がきました。

度重なる挑発行為に憤りを隠せませんが、

問題を解決する方法はあるのでしょうか。

日本やアメリカが何かしたところで結局のところ変わらないでしょう、、、

最終的に必要なのは中国からの圧力であることは間違いありません。

そして、中国が北朝鮮に対し本気で圧力をかけることは今のところありえません。

なぜなら、北朝鮮の体制が崩壊したことで一番困るのは中国だからです。

中国とアメリカそしてロシアがいかに協力できるかが今後のカギを握っています。