11月突入!

ブログ, 日々の感想

七五三のお祝いは、3才は髪置(かみおき)といって男女ともに髪を伸ばし始める。5才は袴着(はかまぎ)といって男子が袴を着るようになる。7才は帯解(おびとき)といって女子が着物を着るようになる。

こんにちは、松本です!

今日から11月、あと2か月で2018年ですね!

受験生にとってはいよいよ私立入試まであと2か月となりました!

家庭学習もそろそろ基礎の確認から、実践的な問題演習に切り替えていく時期です。

つい先日も生徒さんから「問題集って何冊もやったほうがいいですか?それとも同じのを何度もやったほうがいいですか?」と質問されました。

これに関しては「学習する内容」にも関係してきます。

もしも理科・社会のような暗記の単元が多い科目は、無理に何冊も問題集をするよりは同じ問題集で正答率が8割以上になるまで繰り返すほうがおすすめです。

国語の読解問題の演習をしたい場合は、同じ問題では「読解」ではなく「暗記」で解けてしまうので、別の問題集に取り掛かるほうがおすすめです。

どちらにしても、新しい問題集に取り掛かる前に今の問題集をしっかりと仕上げることが重要になります!

残り2か月、まずは自分の手元の問題集を穴があくまでやりつくしてみましょう!

ハロウィーン

ブログ, ごあいさつ

こんにちは!飛田です。トリックオアトリート!

 

今日はハロウィーンですね。ここ何年かは東京のスクランブル交差点が大変なことになる日という風に定着してきていますね!

ところでこのハロウィーンは実はもともと日本の大晦日的な行事だったって知ってましたか?

その地域では昔は夏の終わりが一年の終わりだったようで、冬の入り口のこの時期になると色々な霊や魔女たちが現世に現れるとされていたようです。

先祖の霊が帰ってくると信じられてもいたようで、このあたりはちょうど日本の「お盆」みたいですよね。

 

遠く離れた異国の行事でも所々つながるところがあるのはとても不思議で面白いですね!

生まれ育ちが違っても同じ人間同士、どこかで共有しているものがあるということですよね、きっと!

 

マナーとルールは違う

ブログ, こころがけ

こんにちは、小山です。

今日は日本記念日協会も定めている

「マナーの日」です。

いろいろなところで

マナーを守って行動しましょう。

電車の中では携帯をマナーモードにしましょう。

なんて皆さんも聞きますよね。

これ、実は守らなくてもいいものだってことを知ってましたか?

どの言葉も~しましょう。になっていて

~しなさい。では実はないんです。

これは「マナー」というのが他人から強制されるものではなく、

周囲との軋轢をなくそうとする「こころがけ」だということを表しています。

なので守らなくても罰せられることはありませんが

人として誰からも信頼されることはありません。

「ルール」というのはもっと厳格なもので、守らなければきちんと罰せられます。

赤信号で渡ってはいけない。これはマナーではなくルールです。

守らなければ当然罰がまっていますよね。

マナーは守らなくてもいい。

だからこそきちんと守る人が素晴らしいと私は思っています。

皆さんも良い機会なので「マナー」と「ルール」について考えてみてくださいね!

連日の台風に注意

ブログ, 日々の感想

こんにちは、小山です。

台風21が過ぎたと思ったらすぐまた次の台風がやってきました。

台風22号ですが、今日の夕方には近畿地方に接近するとみられています。

場所によっては台風の間隔が短くて土嚢の準備ができていないところもあるようです。

冠水などに注意が必要ですね。

 

ただ、群馬県の特徴なのですがとにかく災害に強い土地というイメージがあります。

台風や地震で大変になったことはありますが、危機的状況になるのは他の地域に比べると非常にまれです。

地盤も安定しているし、北朝鮮のミサイルが初めに群馬を狙うことも考えづらいですよね。

夏は蒸し暑いし、冬はからっ風が強くて嫌になるときもありますが

昔の人もいろいろな考えでこの土地に町を築いたようにいいところもたくさんある土地ですよね!

群馬県民の日

ブログ, 日々の感想

県民の日には振替休日は適応されない。これは、公的な祝日ではないため。

こんにちは、松本です!

今日は10月28日、群馬県民の日です。平日と重なっていれば学校などお休みだったのですが、今年は土曜日と重なってしまい、何か損した気分になりますよね。

MATCHでも今日は受験特訓講座の4回目をおこないました!

ふだんおこなわない社会の特別講座ということもあり、多くの生徒さんが参加してくださいました。本当にありがとう!

県民の日を迎えるといつも思うのが、あと2か月で年末だということです。

言い方を変えると、受験生にとって受験まであと2か月ということです。

毎年のようにブログでも呼び掛けていますが、ここからの受験生の仕事には「体調管理」も含まれます。

インフルエンザの予防接種も忘れずに行くようにしましょうね!

昨日に引き続き良い天気!

ブログ, 日々の感想

こんにちは!今日も良い天気!

ということで今日も散策に繰り出しましたよ!冬期講習の案内をつれて(笑)

しかし!今日は昨日とは散策コースを変更しまして、高崎北校の周辺に行ってまいりました。

こんな天気の日に川べりを歩くと、とてもすがすがしい気持ちになれますね!

 

途中下校中のMATCHの生徒さんにもお会いしました。普段教室以外で会うことはないからか、ちょっとびっくりした様子でしたね(笑)

これからは受験シーズン!部活が終わって体がなまっているそこのあなたも散歩に出かけてみてはいかがですか?

久しぶりの気持ちのいい天気!

ブログ, 日々の感想

空全体に対する雲の割合で、快晴・晴れ・曇りが決まる。0割~1割だと快晴、2割~8割だと晴れ、9割~10割だと曇り。

こんにちは、松本です!

先週から秋雨や台風の影響でぱっとしない天気が続いていましたが、ようやく今日は気持ちのいい天気になりました!

そんな陽気に触発されて、今日は京目教室付近を散策してきました! 冬期講習の案内を片手にw

京目教室がオープンしたのは2年前です。当時の地図を片手に歩いてみると・・・

場所によっては風景がまったく異なっていました。セキチューがパチンコ屋になっていたり、ケーズデンキができていたり、大利根育英幼稚園ができていたり・・・。

そして、住宅地には新しい住宅がたくさんできていました。

たった2年でも町というのはこんなにも大きく変わるのだということを実感できました。

そしてほんの1~2時間でも、歩くと気持ちいいなと感じました。有酸素運動大事ですね!

ただ、風邪が学校でだいぶ流行ってきているようなので、手洗い・うがいを徹底して風邪の予防には努めていきたいと思います。

みなさんも、これからの時期は手洗い・うがいを徹底しましょうね!

HAVE空間

ブログ, 勉強

こんにちは、小山です。

中学英語で習う「have」という動詞には様々な意味があります。

よく使われるのは

「持っている」

という意味で

I have a pen.
(私はペンを持っています。)

とか

I have an apple.
(私はリンゴを持っています。)

なんて使われたりしますよね。

その他にもhaveにはいろいろな意味があって

例えば

I have a brother.

これは私は兄弟を持っている。

という意味ではなく

私には兄弟がいます。

という意味になります。

他にも

I had a cake yesterday.

これは持っているという意味ではなく、食べるという意味で使われるhaveになります。

私は昨日ケーキを食べました。

という意味です。

いろいろな意味がありますが、実はこれらはある一つのことを表しているんです。

それは自分の手の届く領域、いいかえればパーソナルスペースとも呼べる空間にそのモノが存在しているということなのです。

この空間のことを「HAVE空間」なんて呼んだりしています。

この領域になにか物があればそれは持っているということだし、

人がいてそれが友だちであればつまり友だちがいるということです。

ピザが今朝自分の領域に入ってきたというのであれば

これは自分のおなかの中というHAVE空間にピザがきた。つまり食べたということとして考えることが出来ます。

日本語の中にこのhaveと同じ使い方をする言葉がないので場合で分けて持っていや食べるという使い分けをしなくてはならないのです。

きちんとを理解するために

「have」という動詞は「HAVE空間になにか事物が存在する」

という概念からできているということを理解する必要がありますよ!

ショートショートのすすめ

ブログ, 日々の感想

ごく短い短編小説のことをショートショートというが、明確な定義はない。およそ原稿用紙20枚以下。

こんにちは、松本です!

みなさんは「ショートショート」と呼ばれるジャンルの作品を読んだことはありますか?

1話あたりが非常に短く、中学生の教科書に出てくるお話ぐらいの長さ(もしくはそれより短い)ぐらいです。

短編集と似ていますが、それよりももっと短くテンポよく読めるものが多く、本を読みなれない人にとってのはじめの一歩としてはおすすめです。

わたしは中でも星新一さんの作品が好きで、子どもの頃にも読んだことはありましたが、むしろ大人になってから読む機会が多かったです。

星新一さんのお話はロボットや博士などのSFチックな話が多く、登場人物も「エフ氏」「エヌ博士」などのようにあえてアルファベットを使わない表記なのも個人的に気に入ったポイントです。

とても短いお話なのですが、どの話も「オチ」がしっかりと用意されていて、ついついクスリとしてしまうんです。

ショートショートなので、1冊の本の中にいくつもお話が入っています。つまり、何度も「オチ」に出会うことができるわけです。

で、最近気づいたのが、これって古典の読解力アップにつながるのでは? ということです。

古典の読解については以前もブログで書きましたが、中学3年生が「すべてを把握して読み解く」ことは、まずできません。

習ってない言葉や文法が、当たり前のようにいっぱい出てくるからです。

ですから、お話を読み解くというよりも「ある程度自分の想像力で補完して読み進める」ことになります。

この力って、長い1冊の小説を読むよりはたくさんの起承転結を経験するほうが身につくような気がします。

そして、それにうってつけなのが「ショートショート」なのです!

わたしはそんなに本を読むほうではないため星新一さんの作品しか知りませんが、この人の作品にはずれがないことは保証します!

古典が(特に読解が)苦手な人は、この読書の秋に試しに読んでみてはいかがでしょうか。

選挙から一夜明けて

ブログ, 日々の感想

選挙管理委員会の当選と民放の当選は異なる。そのため、甘い予測で当選確実と報じた後に落選した例もある。

こんにちは、松本です!

選挙を荒らすかのように同時にやってきた台風でしたが、むしろ雨降って地を固めていきましたね。

事前の予想と大きく異なる自民党の圧勝でした。希望の党は残念ながら台風の目とはなれなかったようです。

わたしも降りしきる雨の中選挙にいきましたが、むしろいつもよりも人が多いと感じました。関心の高さがうかがえます。

そんな自民党の圧勝の中で、これもまた当然といった結果が出ていました。

「このはげ~、ちがうだろ~」で一躍有名になった豊田真由子元議員の落選です。

無所属で出馬した今回の選挙では候補者の中で一番得票率が伸びていませんでした。

わたしは自業自得よりも因果応報という言葉がぴったりなのかな、と感じています。

今までしてきたよいことと悪いこと、そのすべてが今の自分に返ってくるということです。

今回、あらためて政権を獲得した安倍首相。

不安な国際情勢にしっかりと立ち向かってもらいたいですね!