気付きを大切にする

ブログ, こころがけ

お弁当の揚げ物の下のパスタは油を吸収する役割。

こんにちは、松本です!

夏期講習中はお昼をコンビニのお弁当(主に麺類)で済ませることが多いのですが、あらためて種類の豊富さに驚いています。

昔は冷やし中華とそば・うどんで、冷やしラーメンがあったら珍しいぐらいだったのですが、今は毎日食べても制覇できないくらい種類があります。

それでもすべてが商品化してるわけではないでしょうから、もっと多くの品物が開発段階ではあるのだと思います。

そういう開発者の方の努力というのはきっと勤務中だけではなく、日々物事に目を向ける習慣があるのだろうと思います。

お笑い芸人もいつネタを思いついてもいいように、ネタ帳を持ち歩いているそうです。

作曲家でも、いいフレーズが思いついた時のために楽譜を持ち歩いている方がいるそうです。

そのような日々の心がけが、大きな財産になっていくのだと私は思います。

授業も一緒です。同じ説明が何十年先までいい説明とは限りません。時代によって、より子供たちの思考にあった説明も変わることでしょう。

日々の気づきから授業の質をあげることが、わたしたち講師の仕事の1つです。

来年は、来月は、来週は、明日は、もっとわかりやすい授業ができるように頑張っていきたいと思います!

夏休みは残り3週間

ブログ, こころがけ

「価格」は物の値段、「料金」はサービスの値段。

こんにちは、松本です!

これから自分がブログを更新するときは、このようなプチ雑学から始めていきますのでよろしくお願いします。

今日は朝から夕方まで頑張っている2人の塾生のお話。

夏期講習中の今、その生徒さんたちはとても長い時間を塾で過ごしています。

午前中に夏期講習を終え、そのままお昼ご飯を済ませ、夕方4~5時まで自分の勉強をする。

MATCHの自習室は完全な別室になっているわけではありませんので、もちろんだらけたりふざけたりもできません。自習という名目で友達とおしゃべりをするなんてことは絶対できないわけです。

友達同士ですが、それぞれ自習室の利用時間も自分で決めていて、1人が帰ってももう1人はそのあと何時間も残ることもありました。

目的を持って行動しているのがとてもよくわかります。やらなければいけなことを前向きにとらえているわけです。

夏休みも残りあと3週間となりました。学校の宿題はもちろん、やるべきことを早め早めに終わらせるようにしましょう!

お盆といえば

ブログ, 日々の感想

盆踊りでしょ!こんにちは、松本です!

私にとってはお盆といえば帰省。去年もお盆休みに父方の実家の方に足を運ばせていただきました。

なかなか会えない親戚と顔を合わせることができるとてもいい機会だと思っています。

小さい頃は全然知らないおじさんおばさんから「大きくなったね~」と言われていましたが、今は言う側です。

気付くと小学生から中学生、高校生へとどんどん大きくなっていきます。

そもそもお盆は、先祖の霊が生前に過ごしたお家へと帰ってきて、それをみんなで供養するというものです。

そのために多くの人が集まる日本の風習、素敵ですよね。

今年もお盆休みには帰省して、懐かしい思い出話に花を咲かせて来ようと思います。

スポーツが熱い!

ブログ, 勉強

こんにちは、松本です!

リオ五輪に高校野球とスポーツが熱い時期になりましたね。

自分が子供の頃と今とでは時代も大きく異なり、部活動の練習も大きく変わりました。

昔と言えばまさに「スポ根」、精神論が中心の時代でした。

へばる奴は根性が足りない!倒れる奴は体作りがなってない!部活中に水を飲むなんてもってのほか!

芸能人の昔話とかでも、部活時代の苦労話はよくでてきますよね。

それに対して今は、医学・科学に基づいた効率の良い練習をするようになってきました。

結果的には「水分補給をきちんとする」「過度の筋肉の酷使は悪影響も」など、いろいろ変わってきました。

でも、昔から変わらないものもあります。それは「何かを一生懸命やることの尊さ」です。

一生懸命汗を流して頑張ったことは、いつか必ず自分の糧になります。それは勉強も同じこと。

しかるべき休憩をとり、水分補給をし、目を休めて、その上でやるときはやる!

そんな環境が整っているのがMATCHの自習室!今もたくさんの生徒さんが利用しています。

同じ勉強をするなら効率よく、上手に勉強していきましょう!

リオ五輪開幕!!

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

いよいよブラジル・リオデジャネイロでのオリンピックが開幕しました。

治安の問題や会場の不備などいろいろと心配されていましたが、何はともあれ始まったなら応援するのみですね。

日本とリオとの時差はちょうど12時間です。

つまり日本が朝8時なら、リオでは夜の8時ということ

試合をしている時間も日本では夜中になってしまいます。

応援も大切ですが、くれぐれも寝不足には注意しましょうね!笑

高校見学真っ盛り!

ブログ, 地域のイベント

こんにちは、松本です!

今日はまた一段と暑いですね!わたしも一段と熱く燃えております。

そんな今日は多くの高校で学校見学がおこなわれています。近隣の高校付近は中学生やその父兄と思われる人たちでいっぱいでした。

暑くて大変でしょうが、この夏休みの間に興味のある高校には見学に行くようにしましょう。高校の雰囲気や大まかな1日の流れがわかるとともに、通学までの時間の目安や通学路の安全状況なども確認できます。

百聞は一見に如かず、思いついたなら即行動の精神で、どんどん高校の情報を取り入れましょうね!

頑張れ、吹奏楽部!

ブログ, 地域のイベント

こんにちは、松本です!

今日は中学校の吹奏楽部のコンクールの日です!

MATCHにも吹奏楽部の生徒さんが多く通ってくれていて、今日出場する人もたくさんいます。

毎日の努力が裏切らないのは勉強も部活も同じです。

ぜひ、日ごろの成果を遺憾なく発揮してください!みんな応援しています!

今日もかなり暑くなるとの予報が出ているので、水分補給と熱中症対策も怠らないように!

松本流「対問の構え」①古典

ブログ, 勉強

こんにちは、松本です!

昨日、自習をしていた生徒さんから「国語の勉強の方法」を訊かれました。

詳しく話を聞くと、どうやら古典が苦手な様子。いつも文章の意味がよくわからないのだそうです。

それを受けてこれから何回かに分けて「各科目の勉強法」ではなく、

わたくし松本が問題に取り組む際に「個人的に考えていること、予備知識として備えていること」を紹介したいと思います。

その名も松本流「対問の構え」(問題に対する準備、心構え)!あくまですべて自分なりの解釈なのであしからず。

第1回の今日は、昨日質問された国語の「古典」について。

古典の問題は古文と漢文に大きく分かれます。その中で古文は以下のような種類があります。

①オチがある話

これは誰かがドジをするような笑い話のケースと、誰かが予想以上の功績をあげるような英雄譚のケースがあります。どちらにせよ、オチがあるのでストーリーが多少わかりやすく、読んでて納得のいく話も多いのが特徴です。

②日々のことをただ書いた話

通称随筆。これが出題されると厄介なんです。なぜなら話にオチがないからです。作者が感動したこと、感じた事、思ったことが、ただつらつらと書かれている文章なのです。日記みたいなものです。では、そんなオチのない文章をどう読み解けばいいのか。それは、作者が書きたかったことが何かを考えながら読むことです。

世の中の人がツイッターでつぶやくときはどんなときでしょうか? 何か「感動したこと」や「人に紹介・自慢したいこと」があったときですよね。昔の人も同じです。そのようなときに文章を書いていたのです。

では、昔の人が感動するときとはどのようなときでしょうか。入試に出題されるものとしては「風景や景色の変化をとらえたもの」と「位の高い方との思い出」が多い傾向があります。

続けて、漢文について。漢文は通常の漢文としてよりも「漢詩」としての出題が多くなっています。

漢詩は自分の考えや心情を、風景や行動と織り交ぜながら表現する文章です。まずは文章全体に漂う大きなテーマとなる「感情」をとらえることが大事です。(悲しい、嬉しいなど)

また、漢詩でない通常の漢文では「教訓」となるような文章が頻繁に出題されています。身近な例を挙げて、大きな教訓を人々に示していく、そんな論語のような文章が多いです。作者名が「○子」だったら、ほぼ教訓です。(例:孔子、孟子、韓非子)

ちょっと長くなってしまいましたが、私は古典の問題を解くときには以上のような「前提」をふまえて読み始めています。そのおかげで確実に、文章を正しい方向へ解釈しやすくなっています。

受験生のみなさん、古典の問題を100%理解して解いている人はほとんどいません。ですから、何から何まですべてが理解できないからといって焦らないでください。そもそも高校で習うこともまだいっぱいあるわけですし。

少なくとも今日紹介した「古典」に対しての心構えと、学習した基礎知識をしっかり覚えれば、あとは問題の回数をこなして慣れれば大丈夫です!

良い○○は、良い△△から

ブログ, 日々の感想

こんにちは、松本です!

このブログを始めたてのころ、私は自分の尊敬する人である日野晃博さん(株式会社レベルファイブ代表取締役)について紹介したことがあります。

今日はその日野さんがインタビューで答えた言葉を紹介したいと思います。

「良い作品は良いクリエイターから生まれ、良いクリエイターは良い環境から育つ」

レベルファイブはゲーム制作会社であり多くのゲーム(イナズマイレブン、妖怪ウォッチなど)を世に送り出してきました。

社名が示す通り「五つ星」の作品をいくつも作っているのですが、それは良いクリエイターの力であり、そのクリエイターは良い環境によって育つと言っているのです。

日野さんの言葉はその業界に限らず、いろいろな業界にあてはまる言葉だと私は感じました。

例えば、私たち学習塾などの教育業界においては

「良い授業は良い講師から生まれ、良い講師は良い環境から育つ」と言い換えられると思います。

朱に交われば赤くなるという言葉があるように、人は環境に影響されやすい生き物です。

超数学館MATCHがこれからも良い授業を提供し続けていくためにも、まず良い環境をスタッフ全員で作り出していくことが大事だとあらためて感じています。

最高の授業を子供たちに提供するため、これからもスタッフ一同頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

今朝は土砂降り

ブログ, 日々の感想

こんにちは、松本です!

昨日の深夜から今朝にかけての雷雨はすさまじいものでしたね!

家のまわりはすこし窪んだエリアになっているので、大雨になると足首までつかってしまうほどの水たまりになってしまいます。

なんとか車に乗り込んでも途中の道路が大渋滞。高校見学もあったようで、かっぱを着ながら自転車をこいでいる中学生の姿もありました。

教室に着いた時には雨も完全に止み、聞こえるのは蝉の大合唱。

朝起きてから出社するまでの数時間、なんとも風流な時間を過ごすことができました。

これでかき氷でも食べながら風鈴の音色を・・・なんてしている時間はないですね。

みなさん、今日も1日頑張りましょう!