月曜日開講の声が急増中!

ブログ, 超数学館MATCH 0 Comments

こんにちは、松本です!

MATCHに通塾していただいているみなさん

無料体験や講習会に参加してくれたみなさん

チラシを設置させていただいたお店のみなさん

営業スタッフから塾の話を聞いていただいたみなさん

いつもありがとうございます!

新年明けてからもおかげさまで

新入塾生、無料体験参加者がどしどし増えております!

その中で最近特に多くいただいているのが

「月曜日の開講希望」のお声です。

今年度のMATCHは月曜日が教室のお休みの日なのですが

このままいくともしかしたら来年は月曜日の開講も・・・!?

現在は、新年度の授業に間に合うように

スタッフ一同、調整をしております。

ぜひ続報にご期待ください!

また、MATCHのスタッフは時間を作っては積極的に

地域のみなさまにご挨拶に伺っております。

ぜひ、この機会に無料体験(学習相談だけでもOK!)に

ご参加ください!

教材展示会にいってきました!

ブログ, 日々の感想 0 Comments

こんにちは、松本です!

今日は小山先生と一緒に育伸社さんの

教材展示会にいってきました!

以前に別の機会にお世話になっていた担当の方や

一緒に仕事をしたことのある先生たちともお会いできて

とても有意義な時間を過ごせました。

帰りにコンビニによると、昔自分のいた塾にきていた

生徒さんに偶然会いました。そこでバイトしているらしく

ちょうどバイトが終わったところだったそうです。

専門学校に通いながら楽しく過ごしていると話す様子は

とても充実しているようでした。

懐かしい人達に会い、ちょっとノスタルジックな気持ちに

なりつつも、あらためてやる気をもらった気分でした!

さぁ今日も一日がんばるぞー!

作文と小論文のちがい

ブログ, 勉強 0 Comments

こんにちは、松本です!

公立の前期試験まであと10日になりましたね。

多くの学校で作文、小論文が実施されますが

作文と小論文のちがいをご存知ですか?

作文は自分自身の体験をもとに、感想や

そのときの気持ちを文章に表したものです。

それに対して小論文は

与えられたテーマや意見に対して

自分自身の考えや意見を「論理立てて」文章に表したものです。

小論文を書くときは、「自分の立場」を明確にして書くことが

大切です。ぶれないことが大事!

例えば、次のテーマに対してあなたはどのような立場で

自分の意見を述べますか?

例)問題集にとりくむときは、わからない問題は後回しにして
  先にできるところから終わらせて、あとから後回しにした問題に
  取り組むべきと筆者は考えている。

立場を決めるとはこの場合、筆者の意見に賛成か反対かを

まず決めるということです。

その上で、なぜそのように考えたかを理由をつけて

説明していきます。

「賛成」の立場なのに、気づくと「反対」の意見にも賛同している

ような書き方にならないように注意も必要です。

「もちろん、後回しにしないで考えることも大事だが、・・・」

みたいな書き方、してしまう人も多いのではないですか?

そして、小論文も作文も共通して丁寧な字が大事。

丁寧に書くことはだれでもできることです。

本番までまだまだできることはいっぱい!

集中してがんばりましょう!

今日は節分!

ブログ, 日々の感想 0 Comments

こんにちは、松本です!

今日こそ節分ですね!福は内!鬼は外!

節分と言えば恵方巻き。

その年の恵方を向いて黙々と1本の恵方巻を

食べきると、縁起が良いとされています。

そして、今年の恵方は南南東

MATCHの教室でいうと、コピー機のある方角になります。

実はこの風習は江戸時代からあるそうなのですが

90年代までは関西でしか意識されていなかったそうです。

セブンイレブンでの販売、最終的に全国展開により

その風習が全国に広まったそうです。(テレビ情報なのでちがったらゴメンナサイ)

こういった風習を信じる信じないは個人の自由ですが

せっかくの年中行事ですから、自分は全力で

楽しむようにしています。

今日の夕飯は恵方巻きを買って帰ろうっと♪

さぁ2月!

ブログ, 日々の感想 0 Comments

こんにちは、松本です!

大学生の頃まで2月2日が節分と勘違いしてました。

節分は明日なので、みなさんは間違えないように!

今日は近くの学童クラブ「あじさい園」に

またまたご挨拶にいってまいりました!

5回目の訪問にしてついに、黒田先生(リーダー先生だそうです)と

お会いできました!

優しくて活発な雰囲気のいい先生でした。

学童での授業について少しお話しもできました。大満足!

さて、話が変わりますが公立前期まであと2週間となりました。

ほとんどの高校で面接試験がおこなわれます。

2週間前は身だしなみを整えるにはいい時期です。

髪型や衣服など2週間後に向けて、しっかりと準備しておきましょう!

重要なキャンペーンのお知らせ

ブログ, 超数学館MATCH 0 Comments

いつもマッチブログを見ていただきありがとうございます!

超数学館MATCHでも多くの受験生さんが合格の吉報を持ってきてくれています。

7月に開講して以来、通塾いただいている生徒様及び保護者様、
地域の皆様のご支持もいただき2月現在、非常に活気のある教室になりました!

この機会に、昨年大好評いただいたあのキャンペーンを再度実施させていただきます!

それはもちろん

「友人紹介キャンペーン」です!

期間中に知人・友人・ご兄弟を体験授業にご紹介いただき、

そのままご入塾していただくと、以下の特典があります!

紹介してくれた生徒さん(塾生)の特典

①翌月の月謝が半額になります!!
②図書カード贈呈!

新しく入塾してくれた生徒さん(新入塾生)の特典

①入塾開始月の月謝が半額になります!!
②入会金(10,000円)無料!!

わたしたちは、算数・数学の大切さ、面白さをもっと多くの人に知ってもらいたいと思っています。

わかる楽しさ、解ける達成感は必ず子供に大きな成長をもたらします。

授業を通してその一部でもお伝えできればと思っております。

「無料の体験授業」ですので気軽に紹介、ご参加ください!

強いライオン

ブログ, 日々の感想 0 Comments

こんにちは、松本です!

突然ですがみなさんに出題します。

「強いライオンを描いてください」

手元に紙がなかったらイメージするだけでも構いません。

・・・・・

・・・

さて、どんなライオンが出来上がりましたか?

怖い顔をしているのでしょうか。

するどいツメをもっているのでしょうか。

大きな体をしているのでしょうか。

大きな口のなかにとがったキバが生えているのでしょうか。

上記のどれか1つぐらい当てはまりましたかね?

わたしもこの質問をされたときは

つり目をしたキバのとがったライオンを描きました。

ちなみに小学校低学年の子供たちにこの質問をすると

どんなライオンを描いたと思いますか?

ある子は「太い線」でライオンを描きました。

ある子は「とても派手な色」ライオンを塗りました。

ある子は「口から炎を出す」ライオンを描きました。

ある子はライオンに「翼」をつけて描きました。

ある子は「人間のように武器を持った」ライオンを描きました。

どうですか?上記の1つでもあてはまりましたか?

わたしは1つも当てはまりませんでした。

この発想のちがいこそが

大人が長年かけて培った「固定観念」の為せる業なのです。

この2つの発想はどちらがよくてどちらが悪いなどはありません。

大切なのは状況に応じてこの2つを使い分けられる、

そんな柔軟さが大事なのかなと思っています。

機会がありましたら、みなさんの家族やお友達にも

この質問をしてみてください。

またちがった答えも出てくるかもしれないですよ!

順番が大事

ブログ, 勉強 0 Comments

こんにちは、松本です!

数学の授業では、理科や社会の暗記科目に比べ

問題を解く時間の比率がやや高くなっています。

解き方を身に着けるには、ある程度の問題数をこなして

その解き方に慣れる必要があるからです。

MATCHではその問題演習のようすも

非常に細かくみさせてもらっています。

その上で、必要な場面で

生徒さんの出した答えの○×に関わらず

「この問題はどう考えてこの答えになったのかな?」と

聞くようにしています。

これを繰り返すことで、生徒さんの理解度を正確に把握することを

心掛けています。

問題演習している様子をみることは、生徒さんのことを知ることで

非常に大きな情報となります。

つい先日もこんなことがありました。

分数の計算の問題演習をしていると

その生徒さんは分数を書くときに「分子の数字」から書き始めました。

つまり、分子の数字を書いて、分数の線を引いて、分母の数字を書く

という手順だったのです。

分数は「8分の5」と読むように、

全体を8で分けたうちの5つ分と考えるように、

8を先に考えるのが正しいイメージなんですよね。

ここに、その生徒さんが分数を苦手とする原因があったわけです。

答えだけを見ても気づけないことはいっぱいあります。

問題を解くその過程にこそ

その子のすべてが表れているのです。

私たちMATCH講師一同はこれからも

それを見逃さず、最高の授業を提供していきます!

数学の勉強法

ブログ, 勉強 0 Comments

こんにちは、松本です!

あと2~3週間で各中学校の期末テストです。

学年最後の定期テストで自己ベストを更新するためにも

この3週間の数学の勉強法を今日はお話ししたいと思います。

この時期の数学の内容は、1年生・2年生ともに

計算よりも図形や数量を中心としたものになっています。

そのため、計算が得意でふだん力をいれなくても

そこそこ数学で点数がとれると思っている人は

ガクンと点数が落ちることも。

では、この時期の勉強はどうしたらよいか。

まずは数学らしからぬことを言いますが、

図形の単元で新しく習った言葉や記号、文章などを

しっかり暗記することです!

1年生なら線分、直線、半直線や⊥・//の記号など。

2年生なら三角形の合同条件はもちろんのこと、平行四辺形の定義定理など

特別な図形の性質にいたるまですべて。

これは計算とちがい前日に一夜漬けで覚えても効果は薄いものです。

今の時期から1日に1つずつでも覚えるようにしましょう。

MATCHの3学期期末テスト対策では、容赦なくそこも確認していきますので

覚悟しておいてください!

英雄表彰!

ブログ, 超数学館MATCH 0 Comments

こんにちは、松本です!

遅まきながらですが、教室内の休憩スペースに

定期テスト結果における「英雄」の表彰をおこないました!

MATCHにおける「英雄」の定義とは・・・

①1科目80点以上の生徒
②5科目400点以上の生徒
③前回比10点以上得点アップの生徒
④前回比10位以上順位アップの生徒

です!つまり、頑張った分だけ「英雄」になれるのです!

私たちは「高得点をとった人」はもちろんのこと、

「前回よりも頑張った人」もとことん褒めてあげたいと思っています。

というのも、自分自身が子供の頃、小学校のテストで98点をとったとき

98点が褒められるよりも先に、残り2点のミスを

「もったいない」「あとちょっとだった」と言われることが多く、

悲しい思いをしたことが何度もあったんですよね。

同じ思いをMATCHの生徒にはさせたくないというのが

わたしの今の指導スタイルの一因にもなっています。

この「英雄認定」のようすは、個人名も出てしまうため

画像でブログにアップはできませんが、

教室内はいつでも見学大歓迎ですので

送り迎えの際や、無料体験参加の際は

ぜひ一度じっくりご覧になってください!