2つの教室のご紹介

超数学館MATCHは「京目教室」と「高崎北校」の2つの教室で生徒の皆さんに授業を行なっています。
それぞれの教室の場所は離れていますが、学べる教科や授業方針などはどちらも共通。
どちらか近い教室をお選びいただけるようになり、これまでよりも通いやすくなりました。

京目教室

高崎インターのすぐ近くにある京目教室

高崎北校

2017年春に開校したばかりの高崎北校

授業の様子

MATCHの特徴である「徹底個別指導」は、やりとりを重視したキャッチボール指導!
先生1人:生徒2人の徹底した個別指導のスタイルで授業を行っています。

授業風景

ホワイトボードで図や表などを使いながらわかりやすく指導しています。
生徒が2人いますが1人にかかりきりになるということにはなりません。演習時間をきちんと取ることで内容の定着を図ります。
場合によっては前学年の復習や次学年の予習も行います。

特別講座

MATCHでは定期テスト前に無料の講座を開催しています。
自主学習を行う生徒たちにもただやらせるということはなく、内容を指導し生徒にMATCHした演習を心がけています。

みんな夏休みの宿題を早く終わらせようと頑張っていますね。
定期テスト前には無料の講習を行います。毎回生徒でいっぱいです。
無料の講習であってもただやらせるだけの授業は行いません。

風邪・インフルエンザ対策に「グリーンアクア」を常備

グリーンアクアは、低濃度の塩水を電気分解した、安全・除菌・消臭の3拍子揃った環境にやさしい除菌・消臭電解水【微アルカリ高濃度電解次亜水】です。
教室に入る際にはセンサー付きの噴霧器での消毒を徹底しています。また、常時大気中への散布もしています。

次亜塩素酸とは?

次亜塩素酸(HClO)は、人体に元来備わっている除菌成分です。人間の体内で白血球(好中球)が細菌を撃退する過程において主に作用しているのは「次亜塩素酸」であると言われています。

水のこだわり―
純水はROsystemを導入

グリーンアクアの生成に使う純水は「逆浸透膜方式」(ROsystem)という浄水器を使用し0.0001ミクロンの超微細な膜で水の中の不純物を約95%除去することができます。
日本の水道水内の不純物値は100ppmと言われておりますが、グリーンアクアが生成する水は約5ppmになっており、不純物を限りなく0に近い最高の純水を使用して電気分解しております。

塩のこだわり―
純度の高い塩を使用

グリーンアクアに使用する塩は純度の高い電解水生成原料塩を使用しています。塩に含まれる成分Br(臭素)の値が大きいほど純度は落ちます。通常の食塩値531に対して、グリーンアクアで使用する塩は42と通常の食塩よりも純度はかなり高くなっています。(数値が低いほど純度が良い)

2つの仕事―
①有機物除去②除菌

次亜塩素酸イオン(洗浄・漂白・タンパク分解)と次亜塩素酸(除菌・減菌・消臭)の2つの性質がそれぞれ、違う働きをしてくれます。アルカリ性質を持たせているグリーンアクアは2つの役割で理にかなった理想的な新しい電解除菌水です。

ご質問・ご相談はこちら

超数学館MATCHについてご質問がございましたら、いつでもお気軽にご相談ください!
スタッフが親身にお客様の声に耳を傾け、お答えいたします。