勉強の集中法

ブログ, 勉強

こんにちは、小山です。

勉強に集中するために一番必要なものは何だと思いますか?

それはもちろん「やる気」です。

そりゃそうですよね、やりたくないものに長時間取り組めるわけないですから。

問題はやる気があるのになかなか集中できない場合です。

そこで、集中するための方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

ひとつは、快適な温度の中で勉強することです。

当たり前ですが、勉強以外に気になることを作らないのが集中力につながります。

同じ理由から静かな場所で勉強するというのもあるのですが、

ここでの秘訣は「静かすぎない場所」で勉強するということです。

冷蔵庫やエアコン、時計などの音が少しするくらいのほうが集中力が上がるという報告もあるんですよね。

 

もう一つは、終わりを事前に決めておくことです。

だらだらとワークやテキストを進めるだけでは内容も頭に入ってきませんし、意味が薄れてしまします。

予め今日は〇ページから△ページまでやってこの内容を覚えよう!と決めることで、短時間で集中して勉強することができるようになりますよ!

 

是非試してみてください!

朝方の生活リズムになりました

ブログ, 日々の感想

こんにちは、松本です!

夏期講習も今日で9日目、だんだんと私もこの生活リズムに慣れてまいりました。

ふだんは授業が遅いため夜型の生活になってしまうのですが、講習会のときは早寝早起きになります。

(とはいえそれでも7:30起床なので、本当に早起きしてる人には申し訳ないですが)

人間の体って環境に適応するようにできているんだなぁとつくづく感心してしまいます。

つまり、この夏をどう過ごすかも気持ち次第ってことですよね!

だるい、暑い、めんどくさいと思っていれば、何もできずに夏が終わるでしょうし、

やるぞ、頑張るぞ、克服するぞと思っていれば、実のある夏になることでしょう。

夏休みは残り1ヶ月、ぜひとも充実した夏にしましょう!

時事問題に意識を向ける!

ブログ, こころがけ

こんにちは、松本です!

もうすぐ7月も終わり、入試まであと5ヶ月ちょっととなりました。

受験生のみなさんは、この夏はいっぱい勉強していることと思います。

その勉強と一緒にもう1つ意識を向けてほしいことがあります。それは・・・

入試の面接に向けた時事ネタ集めです。

多くの高校で、面接の際に「最近のニュースの中で気になること」を訊かれます。

普段からニュースや新聞に意識が向いている人ならば問題ないのですが、そうでなかった場合

準備していないと答えにつまってしまいがちです。

今は入試まで半年を切ったちょうどいいタイミング、今ぐらいの時期からニュースや新聞で話題になっているものを

ノートや手帳に書き留めていきましょう。

半年でかなりの量がたまるはずです。その中から自分が最も興味を持った内容について、さらに掘り下げて調べましょう。

こうすることで、うわべだけではない「中身のある意見」が面接で言えるはずです。

内容もできる限り社会的な内容や政治経済に関わる内容がよいとおもいます。

「ベッキーの不倫騒動が・・・」などの芸能の話題はおすすめしません。軽い内容に見えやすいからです。

現在のおすすめは、

「ポケモンGO!」「リオ五輪」「イギリスのEU離脱及び新首相(テリーザ・メイ首相)就任」あたりですかね。

表面だけの情報にならないように自分なりに調べて、理解を深めておきましょう。

有意義な時間を過ごす

ブログ, 日々の感想

こんにちは、松本です!

夏休みも1週間が過ぎ、もうどこかに出かけた方も多いのではないでしょうか?

以前、修学旅行の話題の際に「不慣れな土地、限られた時間を上手に使うのは難しい」と書きました。

旅行先では予想外のアクシデントも起こりやすく、当初の計画通りにはいかないことも多いからです。

しかし、「有意義な時間を過ごす」のは難しいことではありません。今日はそのことについてお話しします。

有意義な時間とは言葉の通り「意義のある時間」、つまり、その人にとって「過ごせてよかった時間」ということになります。

こう表現すると、過ぎた時間のことをあとで思い返してみて、あのときは有意義だったなぁ、昨日は有意義じゃなかったなぁ、と判定する人もいるかもしれません。

でも、結果を見なければ有意義であったかなかったか、わからないものなのでしょうか?

私はそうは思いません。それではただの結果論になってしまいます。

有意義な時間とは「自ら作り出すもの」だと思います。どんな時間も有意義に過ごそうと思えば過ごせるということです。

私はその第一歩として、受動的ではなく能動的に行動することを、最近心がけ始めました。

きっかけは些細な事です。

以前、知人や友人とバーベキューに行った際に、当日急に連絡をしてきてもらった友人がいました。

急に呼ばれたにも関わらずその友人はその場のどの大人よりも、バーベキューを盛り上げてくれました。

呼ばれたゲストとしてではなく、一人の参加者として輝いて見えました。

正直、少しうらやましくなりました。

気持ちいいくらいの有意義な時間の過ごし方だと自分は感じました。

勉強においても同じです。自分から進んでやれば有意義な時間となるでしょう。

逆に「やらされてる」という受動的な勉強は、かけた時間ほどの成果も出ないはずです。

有意義に時間を過ごせているか。

もう一度考えてみて下さい。

自分も今年から意識してやるようになりました。みなさんならもっと上手にできるはずです。

わくわくする勉強

ブログ, 勉強

こんにちは、松本です!

今日で夏期講習会の本科も3日目、自習室利用者もだんだんと増えてまいりました。

昨日、一人に生徒から自習中に理科の質問がありました。その単元はちょうどお友達がその日に授業を受けた単元で、全く同じ問題を解説したところでした。

そこで私はその日あえてその質問を保留にさせてもらって、次の日(つまり今日)解説すると本人に伝えました。

日が変わって今日、解説をしてもらいました、そのお友達に!

昨日の内容を質問されてお友達は「答えなければ!」という使命感のもと頑張っていました。

こういう「わくわく感」は勉強には必要です。にやりとしてしまうような演出や、納得を深める説明などなど。

これはその授業を担当する講師の役目とわたしは考えています。退屈するような授業は誰だって嬉しくないですもんね。

好きこそものの上手なれという言葉の通り、まずは勉強を楽しんで好きになりましょう!

ポケモンGO!自習室へGO!

ブログ, 日々の感想

こんにちは、松本です!

先日、社会現象にもなっている「ポケモンGO」をインストールしてみました。

近くを散策するだけでポケモンが次々と手に入るゲームらしいのですが・・・

まず散策をしない。当然教室から動きませんのでポケモンに合うこともできません。

そして、そもそもポケモンがよくわからない。ピカチュウなど有名な固有名詞ぐらいしかわかりません。

と、いうことでインストールしたっきりになっている今日この頃です。

とはいえ、何か外で行動するきっかけになるというのは、すごくよいことなのかなと感じました。

逆にデメリットと言えばやはり安全面。歩きスマホが危険と言われている中、それを推奨するかのようなこのゲーム。

本日現在、すでに国内でもポケモンGOをプレイ中の事故が30件以上起きているそうです。

周囲の安全確認をしっかりした上で、楽しむようにしましょう。

おすすめは、自習室に来る流れでポケモンGOをプレイすること!こうすれば遊びと勉強がしっかり両立できます!

もしかしたらMATCHにレアなポケモンがいるかもしれませんよ!?

夏期講習会本番がスタート!

ブログ, 勉強

こんにちは、松本です!

今日からMATCHの夏期講習会本番がスタートしました!

中3生の多くは部活も終わって、積極的に自習室に参加しています。

まとめ教材を使ってまずは学校の課題を終わらせる目標の生徒が多いようです。

こういった自主的な学習計画を立てて勉強している様子を見ると、受験生としての自覚が芽生えているのを感じることができます。

ここで一句。

暑い夏 自分次第で 熱い夏

いい夏休みにしましょう!

ポケモンGO

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

とうとう日本でもポケモンGOが配信開始になりましたね!

早速プレイしてみようと思ったところ

・・

・・・

「お使いの端末は対応しておりません」

 (; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;)

 

しかたないですが、スマートフォンを買い換えるか本気で悩んでしまいました。

 

海外ではポケモンを探すのに夢中になるあまり禁止されている地域や、私有地にまで勝手に入ってしまう人が増えています。

日本でも早速バイクに乗りながらポケモンを探していて捕まった人がでてしまいました

面白いゲームなのがわかるだけに変に規制がかからないようモラルを守って遊ぶようにしたいですね。

 

3日間がんばりました!

ブログ, 教室風景

こんにちは、松本です!

いよいよフィニッ宿最終日!ワーク型の宿題を終えた生徒がいっぱいいました!

あらためて宿題を見ていると、自分が子供の頃より多くなった気がします。特に漢字練習とか。

残りの夏休みは何して過ごすの?という質問には、「海にいく」「おばあちゃんちにいく」「ポケモンGOする」などなど、本当に楽しそうです。

参加した日数や終わったページ数など個々の差があるとは思いますが、今回のフィニッ宿に参加した全員に一言!

きみたちはえらい!

残りの夏休みも有意義にすごしましょう!

楽して点とれ!

ブログ, 勉強

こんにちは、松本です!

今日は誤解を招きそうなタイトルでブログをスタートしてみました。

これはあくまで数学のテストについてのお話なのであしからず。

数学という教科は、答えは1つであることが多いですが、そこにたどり着くまでの過程が何通りもあるという非常に興味深い教科です。

その過程には「本質的な考え方で答えを導くべくして導く」ものもあれば、「できるだけ簡略化した公式でとりあえず答えにはたどり着く」ものもあります。

前者をA、後者をBとします。みなさんは、どちらの解き方がいいと思いますか?

いろいろ意見がわかれるかもしれませんが、私はふだんどちらも使っています。問題によって使い分ける、という感じです。

例えば分数の割り算。これはほとんどの人が「逆数にしてかける」というBの過程で答えを出していると思いますし、私もそうです。

例えば正負の数の加法。符号が同じときは~、異なるときは~、などと考えず私は数的感覚を使ったAの過程で答えを出しています。

タイトルの「楽して点とれ」に戻りますが、楽をするというのは「いくつもある解き方のなかで、手間がかからずミスが起こりにくい方法を選ぶ」ということです。

そのためには、1つの問題にたいしていくつものアプローチができるようにならなければいけません。

つまり、すでに解けると思っている問題の中には、まだまだもっといい解法があるかもしれないということです。

この夏休み、数学に関しては苦手の克服はもちろんのこと、そうでない単元ももう一度一通り取り組むようにしてみましょう!