すがすがしい早起き

ブログ, 日々の感想

昔、銀の鋳造所だったところが「銀座」の由来。ちなみに金の鋳造所は「金座」といい、現在そこは日本銀行が建っています。

こんにちは、松本です!

今日は所用で朝一から東京へ行ってきました!ふだんあまりしない早起き(といっても世間の早起きよりだいぶ遅いですが)をしました。

う~ん、すがすがしい!

日中は気温も上がってきましたが、朝は日差しも強くなく気温もそれほど高くないため、外を歩っていてとても気持ちよかったです。

ここ最近、休日は早めに起きて早めに寝るというサイクルを心がけているのですが、早起きはしてもなかなかすぐに外出というところまではできていませんでした。

早朝に散歩をしている人が多いのもうなずける心地よさでした。

1か月後の夏期講習はふだんよりも少し早起きになるので、そのときに余裕があればウォーキングをしてみようかなと思った今日この頃です。

※ブログ内に1つだけ群馬の方言があります。気付けたかな?

もう1か月後は・・・

ブログ, 超数学館MATCH

夏休みです!夏といえばかき氷ですが、古くは枕草子や源氏物語などの文学作品にも登場している。

こんにちは、松本です! 1学期もあと1か月をきりました。あっという間ですね。

部活では3年生最後の大会を前に、練習にもいつも以上に熱が入っていることでしょう。

そして、いつも以上に熱が入っているのはみなさんだけではありません。

MATCHのスタッフも燃え上がっております!

今年で3年目を迎える超数学館MATCHでは、今まで以上の夏期講習会の準備をしているからです!

それは、「上がる夏期講習会」です。

何が上がるのかって?

点数。

順位。

成績。

理解度。

やる気。

そのすべてです!

そして大事なのは「上げる」ではなく、「上がる」というところ。

勉強の最終目標は「成績を上げる」ではないのです。もっともっと先にあります。

そのために今すべきことは、今までに習った学習内容をしっかりと身に着けることなのです。

そしてその結果、成績は自然と「上がる」のです。

超数学館MATCHの「上がる夏期講習会」は7月21日(金)からスタートです!

小中学生はもちろん、高校数学でお悩みの方もぜひ一度ご連絡ください!

今年の夏も、熱い夏にしようじゃありませんか!

日曜日はテスト対策授業!

ブログ, 超数学館MATCH

学校給食で牛乳が必ず出るのは、法律で定められているため。入れ物は、ビン→テトラパック→ブリックと変化している。

こんにちは、松本です!

来週は多くの中学校・高校で1学期期末テストがおこなわれます。今週のテスト対策の参加者はいっぱいです。

そのため、今週末のテスト対策はいつもの土曜日ではなく、

25日の日曜日に実施いたします。

高校生は朝8:00~10:00、中学生は10:30~12:30で実施いたします!

日曜日の早朝・・・すがすがしいこと間違いなし!(天気によるかもしれませんが)

テスト対策は日曜日ですが、土曜日も15:00から自習室は開放していますので、みなさんの参加待っています!

 

MATCHの「上がる」夏期講習会

重要なお知らせ

いつもお世話になっております。

7月で3年目を迎える超数学館MATCHですが、
おかげさまで新年度より新教室「高崎北校」を大八木町に開校することが出来ました。
本当にありがとうございます!

今年の夏期講習のテーマは「上がる」です。

「点数」「順位」「成績」「やる気」のすべてを「上げる」夏期講習会を実施いたします!

中3生はもちろん受験対策、各高校の情報も充実です!
当然夏期講習中も1:2の徹底個別指導です!(一部イベントを除く)

 

該当するコースをお選びください

中学3年生

中学1・2年生

小学生

PDFデータでのご案内

データ1

データ2

 

 

お問い合わせ

京目教室:027-388-9059
高崎北校:027-362-7799

「上がる」夏期講習会 小学生コース案内

夏期講習会

小学生

1回45分×4日間  科目…算数

費用 6,500円(テキスト代込・税別)

コース

算数ぐんぐん講座

2学期に習う算数はほとんどが1学期からの続きです。

1学期(および前学年)の内容を復習することで
2学期の準備もバッチリ!!

小6限定
中学英語準備講座

中学で必要となる単語や文法を
先取りして学べる講座です!

 

日程

A 7/24(月)~27(木)  B 7/31(月)~3(木)
C 8/7(月)~8/10(木)

 
時間

① 11:45~12:30 ② 13:30~14:15
 

日程をA~Cより1つ、
時間帯を①、②より1つそれぞれお選びください。

 

「上がる」夏期講習会 中学1・2年生コース案内

夏期講習会

中学1・2年生

1回90分×8日間  科目…数英理より2つお選びください。

費用24,000円(テキスト代込・税別)

コース

得点力アップ講座

学習し理解した内容が定着するかどうかは、夏休みの学習内容によって決まります!

「わかる」を「できる」にすることで実戦力を身につけ、テストで実際に点を獲るための講座です。

 

日程

A 7/24(月)~27(木)  B 7/31(月)~4(金)
C 8/7(月)~8/11(金)  D 8/21(月)~8/25(金)

 
時間

① 10:00~11:30 ② 14:30~16:00
③ 16:20~17:50 
④ 18:10~19:40
⑤ 20:00~21:30

 

日程をA~Dより2つ、
時間帯を①~⑤より1つそれぞれお選びください。

 

「上がる」夏期講習会 中学3年生コース案内

夏期講習会

中学3年生

 

・1回90分×10日間 ・科目…数英理より2つお選びください。 

費用34,000円 (テキスト代込・税別)

コース

Ⅰ 応用特訓講座

トップ校合格に必要な「思考力を問う
応用問題に対しての得点力」を身に
付けます。

Ⅱ 基礎完成講座

平均点よりさらに上を目指すため
に、正答率5割の「標準問題に対
しての得点力」を身に付けます。

Ⅲ 苦手克服講座

苦手と向き合え!基礎からしっ
かり学び、正答率8割の「必答問
題の得点力」を身に付けます。

 


日程

A 7/24(月)~28(金)  B 7/31(月)~4(金)
C 8/7(月)~8/11(金)  D 8/21(月)~8/25(金)

 
時間

① 10:00~11:30 ② 14:30~16:00
③ 16:20~17:50 
④ 18:10~19:40
⑤ 20:00~21:30

 

科目ごとに、Ⅰ~Ⅲよりコースをお選びください。
日程と時間をA~Dより2つ、①~⑤より1つそれぞれお選びください。

チラシ完成!!

ブログ, こころがけ

こんにちは!飛田です!!

テスト期間真っただ中ですね!今まさに試験中という人もいれば、来週だよ~って人もいるかと思います。

テスト中のみんなはテストに向けて頑張ってきたことを100%発揮できるように、まだテストが始まっていない人は今よりももう一歩上の点数を取れるように、それぞれ頑張りましょう!

 

さて、タイトルですが、夏期のチラシが完成しました!夏に向けてマッチも着々と動き出しています!!

近々地域の学校で恒例の校門前配布も行いますのでチラシの内容や一緒に入る予定の特典をお楽しみに!

 

今回のテストで、

手ごたえが良くなかった・・・。帰ってきたテストの点数が悪かった・・・。

そんな方は最寄りの教室までぜひお問い合わせください!

暑さに「茹だる夏」をすっきりシャキッとMATCHで学んで成績を「上げる夏」にかえちゃいましょう!!

 

テストの問題用紙、捨てるのはもったいない!

ブログ, こころがけ

ゼロと零(れい)は厳密には異なる。零は本来「ごく少数の」という意味である。そのため零パーセントでも雨は降り得る。

こんにちは、松本です!

期末テスト真っ只中ですね!一部の学校ではもう今日で期末テストが終わります。

終わったテスト問題を見せてもらうときはいつもどきどきします。直前に対策した問題が出題されているかどうかは気になりますからね。

また、テスト問題にはテストを作った先生の個性がはっきりと出ているので、次回以降のテスト対策への参考にもなります。

最近の数学のテスト問題は、答案とセットになっていることが多く、返却されるまで見れないのが残念ですが。

みなさんも、テスト問題はやりっぱなしではなく、必ず保管していつでも見れるようにしておきましょう。

捨てたりしたらもったいないですよ!

さぁ、来週はテスト結果の返却楽しみだな~!

 

勉強せずに得点を上げる方法2

ブログ, こころがけ

色鉛筆が丸い形をしているのは、デッサンなどの際にいろいろな持ち方ができるようにするため。

こんにちは、松本です!

昨日は小山先生から画期的な「得点アップ法」が紹介させていただきました。今日は松本から1つ「得点アップ法」を伝授したいと思います。それは・・・

「先生の話をよく聞く!」です。

そんな当たり前のこと!?と思ったそこのあなた! あなたは本当にそれができていますか?

学校の先生は当たり前ですが、機械ではありません。それぞれ個性を持った人間です。

なくて七癖というように、人間には必ず癖や特徴があります。松本先生の特徴は太っているとかそういうことじゃないですよ。

こういう癖ではありません。

例えば、授業を聞くだけで「テストにどこがでるかある程度の予想ができてしまう」先生もいるということです。

わたしが中学生のときに習っていた国語の先生がまさにそれでした。

国語の教科書に出てくる文章についての記述の問題はたくさんありましたが、その先生がたくさんの生徒に意見を聞いた問題は、ほぼ次回のテストで出題されました。

逆にさらっと流してしまった問題は、あまり出なかったように記憶しています。

これは極端な例だとしても、学校の先生には多かれ少なかれそういった癖が見られるということです。

そして残念ながらこれは私たち塾の講師には見抜くことができません。直接お会いできませんからね。

定期テストで効率よく点数をとっている人は、これをしっかり実践しているのかもしれません。

みなさんも「塾や家で勉強するから学校の授業はあんまり聞かなくてもいいや」なんて考えず、

先生の癖を見抜くぐらいの意気込みで、毎回の授業に集中して臨むようにしましょう!