五月晴れ

ブログ, 日々の感想

こんにちは、小山です。

五月晴れ

皆さんこの言葉何と読みますか?

 

実は読み方が2種類あり、

「さつきばれ」と読むときと「ごがつばれ」と読むときがあります。

それでは、いったいいつ使う言葉だと思いますか?

 

五月って書いてあるから5月だと思いますよね。

それがなんと

読み方によって時期が違う んです。

 

「さつきばれ」と読む場合は6月の梅雨の時期の晴れ間を指し、

「ごがつばれ」と読む場合は5月の晴れの日を指します。

“五月”晴れなのに6月に使うなんて不思議ですよね。

もともとは「さつきばれ」と読んでいたようで、古い暦の5月(今でいう6月)に使っていた言葉なのです。

 

と、いうことは

 

5月に 「今日は良い五月晴れ(さつきばれ)だね」

 

と言っている人は実はおかしい使い方をしているということですね。

 

5月中に使うなら 「今日は良い五月晴れ(ごがつばれ)だね」

 

とするのが正しいとされています。

 

もちろん言葉は変化していくものなので、絶対こう使わなきゃダメ!

とはなりませんし

 

実際6月に「さつきばれ」と使うと

何も知らない人には

 

「6月なのにさつきばれなんて何言ってるの?」

 

なんて言われるかもしれません。

その時は優しく「実は」と説明してあげてくださいね^^

 

 

似たものに小春日和という言葉もあります。

これは秋の終わりから冬の始めの穏やかな晴れの日を指す言葉なので

春に使う言葉ではありませんよね。

 

う~ん、日本語って難しい!でも楽しいですね!

 

明日からは良い「ごがつばれ」になるといいですね!