あと二週間!

ブログ, 日々の感想

こんにちは、小山です。

さぁいよいよ後期試験まであと2週間となりました。

自習をしている生徒の緊張感も高まってきています。

ここからが本当のラストスパートです!

わからないところはどんどん質問して解決していきましょう。

明日は夜に雪が降る予報もでていますが、

体調管理にもしっかりと意識を配るようにしましょう!

本気で合格したいなら

ブログ, こころがけ, ブログ, 勉強

公立後期試験に本気で合格したいのなら、残りの2週間

①規則正しい生活を心がけろ!

入試当日を想定して、決まった時間に起きて決まった時間に寝るようにするべし。

②グチをこぼすな!

ねみー、だりー、つかれたー、わかんねー。言っても何にも変わらない。眠いなら寝ろ!疲れたなら休め!わかんないのなら調べろ!

口に出す必要はまったくなし!

③ゲームなんかしてるんじゃない!

息抜きにゲームをする時期ではもうないことに気付くんだ。息抜きのゲームのために勉強するような馬鹿らしいサイクルから抜け出せ!

④そして、いっぱい勉強しろ!

机に向かうことは当たり前。何をするか帰宅する前に考えておくこと。思い付きでやることを決める人の勉強は長続きしない。やることを決めたら、集中してひたすら勉強するんだ。今さぼったら、一生後悔する。

公立受験まであと14日。

松本でした。

やるべきことをやるために

ブログ, 勉強, ブログ, 教室風景

全国で唯一、福井県にはイオンがない。

こんにちは、松本です!

土曜日のブログにもありましたが、3学期テスト対策は大賑わい!

京目教室の座席は、テスト対策と自習の生徒さんですべて埋まってしまいました!

今回のテストは1年の総まとめのテストです。2学期期末テストから数えると実に3か月ぶりの定期テストになります。

長い人は朝10時の自習から夜20:30まで、実に10時間以上頑張っていました。えらい!

今回の定期テストは課題に追われている人も少なく、みな自分の「やりたい勉強」をしっかりとしていました。

この「やりたい勉強」をやる、というのは当たり前のようで実は難しいことなのです。

テストの勉強をしてもらいたいがための課題のワークに追われてしまい、自分の弱点克服に割く時間がないという人もたくさんいると思います。

そうならないように早め早めに課題に取り組んでいる様子が見れて本当にうれしかったです。

今週は京目教室付近の中学校・高校で定期テストがおこなわれます!

1年の締めくくり、ぜひいい結果で有終の美を飾りましょう!

金銀フィニッシュ!

ブログ, こころがけ

こんにちは、小山です。

連日オリンピックのニュースが流れていますが、

昨日はフィギュアスケート男子のフリープログラムがありました。

結果は見事羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルでした!

残念ながらリアルタイムで見ることはできませんでしたが

ニュースで結果を知り日本初の金メダルに喜んでいます。

技術的な凄さももちろんあったのでしょうが

それよりも印象的だったのは

プレッシャーの中で力を発揮することができる精神力です。

それは今までに積み重ねてきた努力があるからこそだと思います。

 

公立後期試験まであと2週間ほどとなりました。

本番での自信はここからラストスパートにかかっていますよ!

悔いの無いよう頑張りましょう!

3学期期末テスト対策!

ブログ, 教室風景

こんにちは、小山です。

今日は中学生、高校生対象の無料のテスト対策を行っています。

皆自己ベストを目指して3学期期末テストに向けて頑張っています。

先生たちも全力です!

最後まで頑張ろう!

前期発表

ブログ, こころがけ

こんにちは!

今日は公立前期試験の発表日!もうすでに発表はされていますが受験生本人はまだ学校で授業中なのでまだドキドキしていることでしょう。

先日ブログにも書いた通り、前期試験は受かったら儲けもの、後期試験の練習のつもりで受けましょう、です。

例え落ちてしまったとしても落胆することはありません。そのために私立校も受験しましたし、前期の結果が出るまでにも後期試験に向けて頑張ってきたわけですしね。

残り20日あまりの受験生活、最後の詰めをしっかりこなしましょう。

客観的にみること

ブログ, こころがけ

自分で自分をくすぐってもまったくくすぐったくないのは、自分の指の動きなどを自然と予測できているため。他人がくすぐる場合は、くすぐること自体がわかっていても指の細かい動きなどは予測不能なので、くすぐったく感じる。

こんにちは、松本です!

明日は前期試験の発表日ですね。Webでは10時発表ですが、学校に行っている人は授業終了後に結果が伝えられます。

もともとが合格できたら儲けもの、つまり不合格で落ち込む試験ではないのですが、それでもここのところ受験生からは特有の緊張感を感じています。

そして、先輩は大変だなぁと思っている2年生のみなさん、1年後は紛れもなくあななたちの番です。

これからの1年の間には、想像以上にたくさんのテストを受けることになります。

その1つ1つのテストの結果をどのように活用していくかは、これからしっかりと学んでいってください。

今日はその初めの一歩として、「絶対にしてほしくないこと」を1つ紹介します。

それは、「過去の自分を他人視すること」です。

採点されて結果が出たテストを見て、「なんでこんなミスしてたんだろう、いつもならできてるのに」って思ったことありませんか?

そこから次回出題されたときにはできるように覚えるぞ!って奮起するのは非常によいことです。ぜひ続けてください。

ですが、「テストのときの自分はいったい何やってたんだろう、本当の自分はこんなはずじゃないのに」って思った人は要注意です。

なぜなら、間違いなくそれが「本当のあなた」なのですから。

そこをまず直すようにしないと、決して前には進めないのです。

3月には1・2年生対象の統一テストがあります。

ぜひ、そこからこの「初めの一歩」をスタートしてみてください。

数的感覚を磨こう!

ブログ, 勉強, ブログ, 数的感覚

空気と水では、水のほうが熱を伝えやすい。100℃のお風呂に入れば大やけどをするが、100℃のサウナなら大丈夫。

こんにちは、松本です!

今日はちょっと算数のお話をしたいと思います。

算数についてお母さん方とお話をするときに、よく出るワードが「文章題が苦手」です。

もともと難しさを比較すると、計算問題<文章問題 となっているわけですから、平均的な得点率も本人の納得の度合いも文章問題のほうが低いのは当然のことです。

ですから、計算問題と文章問題の単純なできを比較して、「文章問題が苦手」というのは実は当たり前なことなのです。

では、真の意味での「文章題が苦手」とは、いったいどのような状況をさすのでしょうか。

それは、文章から式の正確なイメージをつかみ取れてない状況をさすと私は考えています。

文章から式の正確なイメージをつかめると、実は方程式をつかわなくても解ける問題がほとんどです。(中学数学までは)

中学生で習う方程式の文章題では、つるかめ算や和差算といった小学生の頃にかなり難しい応用問題に属していた文章問題を、別のアプローチで考えているのです。

そして、方程式を使わない解き方では、本当に式や数字のイメージ、つまり数的感覚が重要になってきます。

普段、方程式で解いている問題を方程式を使わずに考えてみると、きっとみなさんの数的感覚が磨かれますよ!おすすめです!

イベントの裏側

ブログ, 日々の感想

バレンタインのチョコの分類は今や数種類に及ぶ。本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、自分チョコ、逆チョコなどなど。

こんにちは、松本です!

明日はバレンタインデーですね。日本ではチョコを送る日としてしっかりと定着しています。

もともとは女性が意中の男性へ、思いを届けるためにチョコを贈る日でした。もちろん今もそうですが。

でも今は、女友達同士でチョコを交換したり、男性が女性にチョコを贈ったり、なんでもありになっています。

コンビニやスーパーにいくと、入り口近くにはしっかりとチョコのコーナーも出来上がっています。

そういった売り場の光景をみると、つい自分はその裏方の仕事、つまり、売り場を作った人のことを考えてしまいます。

私たちにとっては、3月にはひなまつり、5月には端午の節句、7月には七夕・・・のように、その時期に合わせたレイアウトになることは当たり前に感じます。

でも、どのお店でもそのときの店内のレイアウトや商品の並べ方などを、誰かが苦労して考えているわけです。

朝起きたら、店内が勝手にリニューアルしてた!なんてことはあるわけないのですから。

これは実際に準備する側になると、とても大変なことだとわたしは思います。

そしてなにより、実際にそういうのを見ていると勉強になることも多くあります。こういう説明わかりやすいなぁ、こういう図があるとイメージしやすいなぁ、などなど。

今度お店にいったときは、ぜひみなさんもそういったお店の気遣いに目を向けてみてください。

何か新しい発見があるかもしれませんよ!

OARってどこの国?

ブログ, 時事ネタ

こんにちは、小山です。

テレビをつけるとほぼオリンピック一色になっていますね。

日本と韓国では時差がほとんどないので、

2年前のリオ五輪の時のように深夜遅くに競技を行うことはいので睡眠不足にならなくてすみますね。

沢山の選手が頑張っていますが

女子フィギュアの現世界女王のメドベージェワ選手に見慣れない文字が、

(OAR)という国で、国旗をみたらオリンピックのシンボル・・・

いったいどこの国の代表なんだろう。

たしかメドベージェワ選手はロシアの代表だった気がするけれど

ということで調べてみると、

これは「Olympic Athelete from Russia (オリンピック・アスリート・フロム・ロシア)」

の頭文字をとったもので、ロシアからの選手団という意味でした。

ロシアは国家ぐるみでのドーピング問題から今回オリンピックは出場禁止となっています。

そのため選手たちは個人でオリンピックに参加しているんです。

ただ、ロシアの代表と名乗るわけにはいきませんから国旗の掲揚も国家の斉唱もしてはいけません。

そのためOARというものを使っているんですね。

ドーピングというのは重大な違反です。

選手たちが誇りを持ってたたかえるようにしてほしいですね。