全国1位!

ブログ, 日々の感想

こんにちは、小山です。

先日塚沢中学校の吹奏楽部に所属している塾生から

大阪で行われた全国大会で金賞しかもオールAでした!

という報告を聞きました。

なんでも審査員が全員Aを付けることは非常に珍しいらしく

今年オールAだったのは塚沢中だけだということでした。

それはつまり日本一ということです!

吹奏楽に詳しくない自分でもすごいことはわかります。

何よりすごいのが大阪から帰ってきた次の日には塾で自習をしているということです。

部活動だけでなく勉強にも手を抜かないのは本当に凄いと思います。

今日で11月が終わります。

12月になるにつれ寒さも増してきますが、負けないように私たちも頑張らなくては!

群馬が生んだ大物政治家

ブログ, 日々の感想

こんにちは!

今日はある訃報についてのお話です。

今朝7時22分ころ、東京都内の病院で中曽根元総理大臣が亡くなられました。

中曽根康弘といえば、群馬が生んだ偉大な政治家です。

5年間の長きにわたって1980年代の日本を支えました。これは戦後5番目の長期政権でその主な功績として国鉄の分割・民営化が挙げられます。

JRを作ったのはこの方だったと言えるかもしれません。

また、いまだに賛否様々含んで話題になる「靖国神社参拝」を総理として初めて行ったのもこの人でした。

他にも様々な功績がある群馬の巨星です。

本当にお疲れさまでした。ご冥福をお祈り致します。

 

罰則強化!

ブログ, 時事ネタ

こんにちは!

今日は11月28日。日曜日からは12月がスタートします。

以前小山先生がブログに投稿していましたが12月からは「運転中のスマホの使用」など「ながら運転」に対しての罰則がかなり強烈に強化されます。

手に持って注視していただけでも反則金として18000円(改正前は6000円)が科されます。(普通車の場合)

この「注視」というのがポイントらしく、運転に対する注意力がそがれるようであれば、車に据え付けてあるカーナビでも同様の罰則が科せられる可能性があるようです。

 

また、「ながら運転」中に事故を起こした場合については「手に持っていた」=「保持」は違反点数+3点、さらに「通話やゲームで使用していた」=「交通の危険」では違反点数が+6点、つまり一発で免許停止の処分になるということです。

さらにさらに、事故を起こした場合でも、今までは違反金を納めれば刑事上の責任は問われませんでしたが、今回の改正法では、事故を起こした場合必ず刑事責任を問われることになります。

「刑事責任に問われる」というのはつまり「犯罪者になる」という意味です。

 

もともと、運転中にスマートフォンや携帯電話は使ってはいけないというのはみんな知っているルールなので、きちんと交通ルールを守っている人からすれば何の問題もないわけですけどね^^

命を奪うような重大な事故の発生が一件でも少なくなるように、みんなで交通安全に努めましょう!

 

※今回の改正法の内容には誤りが含まれる可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

白紙の印象

ブログ, こころがけ

手紙には、1枚に文章がおさまったときに、白紙の便せんを重ねて2枚にする場合がある。

こんにちは、松本です!

MATCHでは定期テスト前のテスト対策で、学校のテストを模した模擬テストを行います。

難易度も問題量もほぼ学校のテストと同じくらいです。

その模擬テストの採点をするのはもちろん私たち講師です。

答案を見ていると、ときどき空欄が多い生徒さんがいます。

答えがわからなければ書くことはできません。それはしょうがないことです。

でも、記述問題や説明の問題でも何も書かないのはちょっともったいない気がします。

社会では資料を読み取ってそこからわかることを記述で答える問題もありますから、自信がないから空欄というのはとてももったいないです。

また、大学受験の数学では、大問にたいして広い解答欄が漠然と与えられます。

たとえ問題を完全に解けなくても、自分がわかったところまでしっかりと答案に書いていくことが非常に重要になります。

俗にいう「答案に爪痕を残す」というやつです。

テストを受けるときの心がけの1つとして、ぜひ実践してみてください!

お土産をいただきました!

ブログ, 日々の感想

ユニバーサルスタジオジャパン、関西ではユニバ、関東ではUSJと略されていることが多い。

こんにちは、松本です!

昨日は生徒さんからユニバーサルスタジオジャパンのお土産をいただきました!

じゃん!

どうですか、とってもかわいいクッキーです!

この他にもたくさんいただきました、本当にありがとうございます!

とはいえ、授業に関してはもぐもぐ、決して甘くしたり宿題を減らしたりなんてもぐもぐ、しないですからね、ごくん。

寒くなってきました!

ブログ, 日々の感想

サンタさんを引いているトナカイは9頭いる。それぞれに名前もついている。

こんにちは、松本です!

先週末は寒かったですね! 雨も降っていたからなおのこと寒さが厳しかったように感じます。

寒い季節は外に出るのも気合いが必要ですよね。うかつな格好では外出できないですし。

でも、家で勉強することを考えると、夏よりもはるかにはかどる季節でもあります。

頭寒足熱と四字熟語があるように、頭は涼しい時の方がよく冴えわたります。(本当は健康であるという意味らしいですが)

服装はしっかりとあたたかめのものを着用して、机で勉強するのがよいそうです。

来週からは12月、もうすぐ令和元年も終わりです。

受験生はもうひと踏ん張り、体調管理だけには気を付けて、集中して勉強していきましょう!

数学の何が役に立つのか

ブログ, こころがけ

こんにちは、小山です。

数学なんて将来使わないのになんで勉強するんですか。

私はこの言葉をいままでに何度も聞きました。

私がいつも思うのはこの意見を持っている人にこそ数学を学んでほしいということです。

勘違いされがちなのが数学は計算をする学問ではないということです。

数学とは

「論理的、多角的に物事をとらえる力を身に着ける学問」

だと私は思っています。

AならばDとなることを示すときに

AならばBになり、BであればCになる

そしてCが成り立つのであればDとなるので結論として、AならばDである。

というように考える力を身に着ける学問なのです。

しかし、数学といわれると難しい計算をするというイメージばかりが先行してしまっています。

本来はただの謎解きなのです。

そして謎を解くためには「なんで?」と疑問に思えることこそが重要なのです。

もう一度言います。

「なんで数学を勉強しなくてはいけないのか」

この疑問を持っている人こそ私は数学と向き合うべき人だと思います。

今日は特別!大嘗祭

ブログ, 日々の感想

こんにちは、小山です。

今日は勤労感謝の日として一般に知られています。

どんな日か聞いてみると「働いている人に感謝する日」と答える人がほとんどです。

しかし、本来11月23日は新嘗祭(にいなめさい)といって

農作物、特にお米の豊作を祈願する日とされていました。

古来より日本人の主食となっているお米

その出来次第で国民が飢餓で苦しむことになってしまいます。

今年の豊穣に感謝し、来年の豊作を祈る

それこそが新嘗祭であり勤労感謝の日なのです。

ただ、国民みんながお米がとれますようにと祈るわけではありません。

誰が祈願するのかというとそれは

「天皇陛下」です。

天皇が宮中で祈願をするので国民は仕事の手を休めてこれを見守りましょう。

ということから11月23日が国民の祝日となっているのです。

そして新天皇が即位された年の新嘗祭は特に「大嘗祭(だいじょうさい)」と呼ばれ内容も特別なものになります。

皆さんも身近にいる働いてくれている人に感謝するのはもちろんですが

おいしいご飯を食べることができることにも感謝を忘れないようにしたいですね。

ブラックフライデー

ブログ, 日々の感想

こんにちは!

最近よく耳にする「ブラックフライデー」って何なのか?気になったので調べてみました!

 

アメリカでは毎年11月の第4木曜日に「感謝祭」という祝日があり、その翌日である11月の第4金曜日が「ブラックフライデー」と呼ばれるようになりました。

この時期はおよそ一か月後に控えるクリスマスに向けて消費が爆発的に増加します。ここからクリスマス商戦の開戦となるわけです。

小売店にとっては年間でもっとも奮闘する日の1つなわけです。

それもそのはず、なんとこの「ブラックフライデー」からクリスマスまでの期間で1年間の2割、つまり1/5を売り上げてしまうそうなんです。

このように、商店にとって大幅な黒字をもたらすことや人で埋め尽くされて真っ黒になることから「ブラック」の名を冠するようになったのだとか。

 

日本でも徐々にその名を聞かれるようになったのですが、日本の市場経済にどんな影響があるのか注目です!

 

←日本のバーゲンセールみたいですね^^;

冬将軍

ブログ, 日々の感想

こんにちは!

みなさん「冬将軍」ってご存知ですか?

猛烈な寒さで襲い掛かる気候を例えてそう呼ぶのですが、いったいなぜ「将軍」なのか。

調べてみました!

なんとルーツはかの皇帝ナポレオン。連勝に次ぐ連勝の末、ついに領土拡大の戦は現在のロシアにまで至りました。

そこで待っていたのはモスクワを焼野原にしても勝とうとするロシアの執念と想像を絶する厳しい寒さでした。

遠征に向かった時には70万からいた兵士も撤退するころにはなんと5000人に・・・。

このように、当時無敵を誇ったナポレオン率いるフランスをも退けたという史実から、冬の厳しい寒さを「冬将軍」と呼ぶようになったそうです。

ちなみに一昨日の11/19はナポレオンを退けた当時のロシア皇帝・アレクサンドル1世の命日なんだとか。

 

ここ数日で急激に寒さを増してきました。

冬将軍に負けてしまわないように防寒や乾燥に気を付けましょう!